手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ


会社に行きたくない理由を考えた

どうも、KOCHICHIです。

 

今日も朝から会社に行きたくなく、絶望しました。

なんて腐った世の中なんだ、とか感傷に浸りながら時を過ごし。

今を迎えました。

 

なんでそんなに会社に行きたくないのか、

自分なりの思いを書きたくなったのでまとめます。

 

ほかにやりたいことがあるから

最近ブログをまじめに書き始めてやっと楽しくなってきたんですね。

 

ブログのデザインやらなんやらいじりたいので、

まとまった時間が欲しいのです。

 

今日の朝はココナラを調べていて、自分のスキルを提供するのとかおもしろそうやなーやってみようかなー、とワクワクしていました。

 

しかし、出勤の時間はやってきます。

 

「これから11時間、ひたすら襲い掛かるタスク捌きや」

 

そう考えるとその11時間がもったいなくて仕方ないんです。

その時間を自分のやりたいことに使えたらどんなに幸せなんだろうと思いました。

 

そう思ってしまうと、会社に行くのが苦痛なんです。

なんで限られた人生の時間を、こんなに無味なことに使っていいのかという葛藤が起こるんです。

 

働きたくないというよりは、まじで時間勿体ないのほうが近いですね。

 

会社の仕事にハマっていれば、時間が無駄なんてことは思わないのですが、

最近社内調整が仕事になっているので、なにも生まれてないんです。

 

働かない人のため、会社のために働いているから

そして上で述べた思想であるもったいないの意識を加速させているのがこれ。

働かない人と、会社のために仕事しているんですよ。

 

ずっとモチベーション高く仕事をこなしてきたんですが、

その心を削って出したアウトプットで潤っているのは、仕事しないジジイと、会社だったわけです。

 

いくら本気だして働いても自分に返ってくるのは、年昇給5000円とか。

仕事しないジジイを養っているんです。

 

今の会社は基本的に年功序列です。

そのため、いくら仕事してなくても、年取ってるほうがえらいし、給料も高いです。

 

そのせいか社員ひとりひとりのレベルが低いのは間違いなく、

さらに各々の怠慢のせいで、仕事が一部に偏っています。

システムが整備されていないから、個人でカバーする作業が多いなど。

 

それのリカバリーをすることが多く、本来したい仕事ができないのが現状です。

終身雇用、年功序列の色が濃く残っている会社なので、働かない人が本当に多い。

 

若手とモチベーション高い社員で成り立っている印象です。

完全に働かないもの勝ちの状態です。

 

半年ほど働きましたが、ほとんどがそれらのリカバリー作業となっており、スキルはまったく上がっていません。時間の無駄でした。

 

これからの世の中に対して古い働き方をしているのがもったいなく感じます。

ぼくらの時代は会社に所属していれば給料がもらえるなんてことはないでしょう。

今のジジババはそれでいいけど。

 

それならば安定には欠けるが、スキルの身に付けることができる仕事に就いたほうがよっぽどいいんじゃないかと思っています。

 

まとめ

そんなこと言いながら、会社をやめることができない自分は完全にお金の奴隷なんです。一番会社の恩恵を受けているのは実は自分なのかもしれませんね。

 

あー不毛。

誰もが必ず貯金に成功する方法とは

どうも、家計ブロガー KOCHICHIです。

 

ブログで情報を発信するにあたって、読む人になにかプラスとなる情報を提供できないかなと考えました。

 

そこで思いついたのは、

万人が必ず貯金に成功するノウハウです。

 

そんな方法あるんかい…

万人が貯金に成功するかどうかは知らんが、

ぼくなりに考えたことを紹介させてくれっ!!

 

先取り貯蓄をする

「なんて当たり前なことを」

と思った方もいるかもしれません。

 

これは貯金することについて定番中の定番ですね。

 

しかし、ぼくは今になってこいつの偉大さに気づいたので紹介させてください。

 

まず先取り貯蓄できてない人はしてください。

そして貯金額は10%~20%で、自分が貯金したい額で構いません。

 

ポイントは、貯金できる額でなく、貯金したい額にすること。

 

毎月生活費を引くと、残り2万だから、先取り貯金を2万円に…

はい、ブブー!!ってことです。

 

手取り20万、毎月19万で生活できるから先取り貯蓄1万はNGです。

手取り20万、先取り貯蓄4万(20%)、16万で生活するが正解です。

 

「19万で生活ギリギリなのに、16万にしたら破綻するわ!」

は、間違いです。

 

16万しかないから、16万で生活できるようになるんです。

16万しかないからこそ、16万で生活するよう思考が働くんです。

 

これで勝手に貯まります。まずはやってみてください。

 

転職して毎月収入5万ダウンしたが、生きてる。

これに気づいたのは人生の転機転職のおかげ。

ぼくは転職することによって、会社という割に福利厚生がゴミなベンチャーチックな会社に入ったため、月々の収入が5万ほどダウンしました。

 

しかし、生きてます。

それまでは5万も下がったら死ぬと思ってましたが、

今ではむしろ前の生活より幸福度は高く生活できています。

 

それは5万円下がった状態で、その中で生活できるよう試行錯誤したからです。

収入がさがることで、クリエイティブな発想が生まれたんですね。

 

収入下がらなかったら、支出を抑えることを考えませんから。

 

まとめ

貯金を成功させるためには、強制的な先取り貯金をする。

そして残りのお金で生き残るサバイバルを実施する。

大丈夫、人間あるお金で生活するようになるから。

 

以上!!

 

インターネット通信費の節約を考える

今週末引越しをするので、公共料金の住所変更連絡をしています。

水道・電気・ガスはスムーズに新しい家への乗り換えできました。

 

でもインターネットだけはスムーズにいかず、工事の必要があるため、工事費用を払う必要があるとのことでした。また集合住宅からの賃貸マンションのため、プラン変更で1000円/月アップです。

 

引っ越すたびに工事費用払わなきゃならんの…

1000円も上がって工事費用必要とか…この時代で、このサービス、質低くない?

ってことで他の回線への乗り換えを検討することにしました。

 

今はNTTのフレッツ光+プロバイダBB exciteで契約してます。

 

 

◆通信手段が増えている。しかし地方はそんなに甘くない

まずはインターネットの通信手段(回線)が今どんなものがあるのか調べました。

何年か前に契約したときよりも増えてるっぽいです。

 

①auひかり、NEURO光

②wimax

③フレッツ光

 

があるようです。その中でもauひかりが通信速度が早く、コストも安かったので検討することにしました。

 

しかし、次住むエリアが対応していなかった。これが地方の実力か。

そのため①はNG。②のwimaxを検討することに。

 

◆自分のネット使用状況を考える。

昨日amazonビデオを見たのですが、終始映像が劣化し、全然見れたもんじゃありませんでした。ネット回線速度をスマホアプリで測ったところ、1MBPSでした。

 

どれくらい遅いかというと、使っている格安sim回線より遅いです。光なのに。

原因は格安プロバイダーのBBexciteでしょう。

 

せっかくお金払ってんのに、回線が使用用途を満足するスピードないともったいないよね。

 

wimaxのイメージとして、通信速度が安定せず遅い、使用制限がある、というのがありましたので論外かと思いましたが、1MBPSよりマシやろと調べました。

 

すると、遅くても通信速度10MBPSは出るようでした。今の10倍以上…

使用制限も3日で10GB。amazonビデオで映画1本が500MB~1GBとからしいので、十分でした。

 

◆気になるランニングコストは

今契約しているフレッツ光は

回線:3975円、プロバイダー:540円 合計4515円

 

それに対してwimaxは(ぼくが契約を想定しているso-netの場合)

回線、プロバイダ込み:3758円

 

ぇ、安。

速度10倍で、持ち運びもできて、安いの。

しかも工事する必要もないのかーい。

 

◆まとめ

日々世の中のサービスは進化しています。

 

損をしないためにはマメな見直しと、新しい情報を常にキャッチしようとすることが大切です。

 

皆さんも惰性で続けているサービスの見直しをしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

ぼくがクレジットカードを使わない理由

どうも、KOCHICHIです。

 

ぼくはクレジットカードは極力使わない派です。

理由は管理がめんどうだから。それだけです。

 

1年前は完全クレジットカード決済で、レックスカードを使ってました。

でも今は現金決済に切り替えています。

 

クレジットカードを使ったら、引き落とし時にカード明細と実際使ったレシート(もしくは家計簿につけたもの)をチェックすると思います。

 

チェックしないと気づかぬうちに勝手にAmazonプライム会員になっているなんてことがありますからね。(実際に何年か前にありました。)

 

一ヶ月分の利用といったら結構な使用項目になります。

それを実際つけた家計簿とチェックする作業は平気で1時間とかかかってました。

 

しかも引き落としの際、ちゃんとお金があることをチェックしとかないと、引き落としできんかったら大変ですよね。毎回チェックしてました。

 

使用のたび家計簿に記載し、月1時間かけて明細チェックして、付くポイントは1500円とか。その時間、他のことに使ったほうがよくね?と思ったわけです。

 

 

今日もクレジットの引き落としの手続きで時間をとられたのこの記事を書いてます。

 

先月新幹線で帰省した際、新幹線予約にはJRのクレジットカード利用が必要のため、クレジットカードで決済しました。

 

そしてその引き落としが今月だったのですが、めんどくさすぎてやっぱクレジットカードは使わんわと思ったわけです。

 

使ったら口座にお金を入れるようにしてたんですが、使ったのは結構前の話だから口座にいれたかどうか覚えてないんですよ…

 

口座の履歴を探してみて、「あー入ってないわ、振込もう」で振込みました。

振込み手数料が無料だったんでよかったですが、振込み手数料かかるならわざわざお金を下ろしにいって、入金なんて作業をしなければなかった。

 

時間を30分くらい取られました。

 

現金決済にしたほうが管理が楽でよくないですか。

クレジットカードの管理コストのほうが、クレジットカードで得られるポイントより大きいんじゃない?ってことです。

 

 

 

クレジットカード使って払うときって残金を把握できないんです。

だからあといくら使えるんだっけって気になるわけです。パソコンのエクセルに使ったらつけてるから、見ると残金が分かる。「あとXX円は使えるなー」と。

 

最悪なのがマメに家計簿つけてない場合。やっべ、あといくら残ってんだっけってなる。まあ大丈夫だろうで使うと赤字になったりする。

 

現金管理だと財布を見ればあといくら使えるか分かるし、口座残高でも分かります。

 

デジタル時計って結局パっと見て時間分かりづらくて、アナログ時計使いません?

そんな感じです。

 

クレジットカードを使っていいのはお金が空気のようになっている人だけだと思います。

 

お金管理に手間がかからない方法、いろいろ考えてみたいと思います。

 

 

社会人3年目で転職したぼくだから言う「転職活動はすべき」

ぼくは社会人3年目(経験2年)で転職をしました。

会社に入社したころはまさかこんなに早く転職するとは思っていませんでした。

 

今後40年間最初の会社で働くものだと思っていましたからね。

ずっと同じ会社で働いたほうが安定だと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

その答えに対してはNOです。

転職してみて分かったことを書きたいと思います。

 

◆転職時のスペック

まずは具体的にぼくがどんなスペックでどんな会社に入れたのか書きます。

<ぼくのスペック>

・3流大卒、世間から2年遅れ(察して)

・資格:自動車免許くらい。しかもAT限定。笑

 

転職前の会社

・世の中の会社でいうと大手。年収500万程。

 

転職後の会社

・転職前の会社より大手。提示基本給は前職より5000円ダウン

・福利厚生の面で、前職より8万程ダウン(扶養、住宅補助など)

・見込み年収500万(前職より残業多め)

 

といった感じ。

これだけ見ると、転職に失敗したように見えますが、幸福度はあがりました。

地方に移動したため、収入的には下がったように見えますが、生活レベルは変わっておらず、むしろ質は向上しました。

 

◆転職への思い込み

当時のぼくがそうだったんですが、転職について変な思い込みをしていました。

以下のことについて共感できる場合は要注意です。

 

・転職するには、今の会社をやめなければならない

・転職すると今の会社よりランクが落ちる

・社会人経験3年以上ないと転職は厳しい

 

そんなことはない。

やってみてわかったんですが、転職なんて大したことないです。

むしろ転職活動をすることはメリットしかないので、さっさと活動してみたほうがいいです。

 

転職するには、今の会社をやめなければならない

⇒転職活動するのには会社をやめる必要なんてありません。

基本働きながら転職活動します。そのため、転職活動をすることで失うものなんてなんもないんです。

 

転職すると今の会社よりランクが落ちる

⇒これもそんなことはない。現にぼくは前職より大手の会社にいます。

今はリーマンショックのときのような不況でもなく、世の中の動きとしては、人手を確保する方向となっています。

 

そのため転職することが厳しいということはなく、どちらかというと会社を選べる立場にあります。

 

③社会人経験3年以上ないと転職は厳しい

⇒これも嘘。経験2年でしたが、オファーも普通にありましたし、大手企業に何社か受かりました。厳しいことはないが3年目以降のほうがもっと選べることは確かかもしれません。

 

◆とりあえずまとめ

今の会社に不満があるなら転職活動しない理由はないです。

内定貰ってもぜんぜん断れますから。残ることも選べますよ。

 

やってみて損することは本当にないです。まずやってみたらいいじゃんと思います。

次回以降具体的な転職活動の流れについて書きたいと思います。

 

 

では。

会社に行きたくないけど、会社に行く方法

KOCHICHIです。

 

今日は朝から会社に行きたくなく、

ほんとうに毎日もったいないなーと思います。

 

しかしです。

かといって会社をやめて、フリーランスでなにかを始めるといったことをやりたいかと言われるとNOなんです。

 

日々将来が不安なことにストレスを感じるよりは、会社に行って与えられた仕事を処理するほうが簡単だと思うから。

 

結局は毎朝会社に行くということを選択しています。

 

まずぼくは会社という縛りがなくなると生活リズムが崩れるでしょう。

確実に夜型になれる自信があります。

 

もともとかなり怠惰だったんですが、こんなに日々活動できるようになったのは会社のおかげでもあります。

 

ドラスティックな動きをするのはまだ早く、

もう少し自分の本当にやりたいことはなんなのか考えます。

 

そんな感じなので、毎朝結局会社に行かなければならないのです。

そこでぼくが実践している会社に行きたくはないが、行く方法をご紹介します。

 

◆ギリギリまで寝る

最近は日が昇るのが早いので、5時とか6時に一度目が覚めます。

目が覚めたときに思うのが、「あー会社いきたくない」です。

 

そしてギリギリまで寝ることにします。アラームをギリギリの時間に掛けます。

これで次起きたときは「あー会社いきたくない」ではなく、「もう行かないとな」の状態になっているんです。

 

追い込まれないと動かない習性利用してます。

あとギリギリを攻めることで長めの睡眠時間確保ができるので、心もどこか満足できます。

 

◆出社することを考えない

会社に行くということ、1日会社で働くということを考えると、行きたくないという思考になります。そこで効果的なのが、会社に意識をフォーカスしないこと。

 

なにも考えないをするんです。心を無に淡々と準備しましょう。

 

でもまあ、それでも考えると思います。

なのでぼくは、通勤電車の中でなんの本読もうかなとか考えます。

 

通勤電車・バスで寝ると決めて、駅に行くことを目的としても、ただ会社に向かうよりは楽になります。

 

一番しんどいのが徒歩通勤で会社にただ向かうことかもしれませんね。

ぼくの経験上、会社に行くのが楽な通勤手段は

 

電車(座れる) > 自転車 > バス > 徒歩 

 

ですね。満員電車は辛すぎて泣いちゃうかも。

 

◆とりあえず午後までを考え、早く帰ることを誓う。

朝1日のことを考えると、心がフリーズします。

今後12時間働くと思うと、それはもうしんどいわ。

 

なのでぼくは昼休みに意識をフォーカスして、とりあえず昼休みまで頑張ります。

昼休みまでだったら頑張れますよね、長くても4時間とかでしょう。

 

 

それともうひとつ、

本日中に終わらせるタスクを決めて、それが終わったら帰ることにしてます。

これで無駄に残業することをやめてます。

 

結果残業することとなっても、最初から残業可能時間まで働くと考えるよりは、

早く帰ることができるかもしれないと思える分楽です。

 

◆まとめ 

会社に行きたくないけど会社に行くって本当に意味分かりません。笑

本来は日々楽しく過ごせればいいのですが、それでも明日はきますよね。

出勤がしんどいひとへのとりあえずの処方箋(暫定対策)になればと思います。

 

 

 

 

 

 

お金を管理するには口座はいくつがベストなのか考察。

KOCHICHIです。

 

今月引っ越すので、このタイミングで水道光熱費などの公共料金の引き落とし口座を変更するか考えました。

 

引き落とし口座を途中で変更するのは結構エネルギーを使うし、

できるならば最初に決めておくと楽ですよね。

 

ぼくはできるだけお金の流れを把握しやすくしたいと思い、現在複数口座でお金を管理しています。

 

今一度、現在の口座管理方法がベストなのか考えることにしました。

 

◆現在の口座管理フローを図にまとめてみた。

f:id:kochichi:20170614213338p:plain

現在使っている口座は4つ。

①メイン口座(住信SBIネット銀行)

②月払い用口座(地銀)

③年払い用口座(ゆうちょ)

④お小遣い口座(新生銀行)

 

◆お金は口座フローをシステム化することでシンプルにする。

複数口座でお金を管理している目的は

・お金の管理を簡単にする

・お金の流れを見えやすくする

ためです。

 

口座がひとつだと何が困るかというと、口座にあるお金が使えるお金なのかどうか分からないということです。

 

口座がひとつだと残り2万円口座にあるから使っちゃおうと思うと、「あれ?電気代の引き落としができていない」などの問題が発生します。

 

それはなぜかというと、使えるお金と使うことが決定しているお金が混在しているからです。しかし、お金という数字は、見るだけでは同じ数字にしか見えません。

いくらまでが使えるお金か視覚化できていないんです。

 

これは口座を分けることで解決します。

問題は使えるお金と用途が決定しているお金が混在していることでしたね。

なので、用途が決まっているお金は口座を分けます。

 

ぼくは使用用途が決まっている、かつ時間軸で分けています。

 

①メイン口座(住信SBIネット銀行):給料が振り込まれる口座

②月払い用口座(地銀):月々の生活費

③年払い用口座(ゆうちょ):に一括で払うお金

④お小遣い口座(新生銀行):その他(日々つかう)

 

これで②の口座を見れば月々に使うお金が分かります。

③を見れば年単位で使うお金、④は使う時間が一定でないものが一目で分かります。

 

今回②月③年を一緒にしようかと考えたのですが、

違う使用時間軸のものを一緒にしてしまうと、年払いの際、口座にちゃんとお金があるか分かりません。だから今回は統合するのはやめました。

 

◆お金の振り分けに労力を使ってはいけない。自動化のすすめ。

お金の振り分けは基本自動です。

給料からメイン口座、月々口座は給与自動振り分けを使っています。

(会社によってはできると思うので確認してください)

 

その後メイン口座から年払い口座、お小遣い口座へは口座自動振込みを設定しておきます。これで毎月定額、決まった日に振込みが自動で実施されます。

 

勝手に振り分けされるので、月々口座からは妻が自由に生活費を引き出します。

今月の生活費もらってないんだけど言いづらい…みたいなしょーもないことで揉めることもなくなりますよ。

 

そして、ぼくはお小遣い口座から毎週使う分おろしています。

収入②とありますが、今はなにもありません。今後稼ぎ口が増えたら、小遣い口座していで運用していこうと思ってます。(株の配当とか)

 

そして自動振り分けが終わったメイン口座には、貯金と特別費の積み立てるべきお金が残っていますので、メイン口座(住信SBI)の目的別口座に移動し管理します。

(実際は貯金口座は別にあり、給与から先取りされるシステムにしてます。)

 

手間は最小限、見易さは最大限を狙っています。

 

◆管理は基本現金でクレジットカードは使わない。

これは賛否両論でしょうが、口座フローシステム化というポイントにおいては現金管理をおすすめします。クレジットカードの1ヶ月遅延が発生すると、結局残高を見ても、それは意味のある数字にはなりません。

 

上のほうでも説明したように、混乱させているのは同じ口座に使用時間軸の異なるお金が混ざっていることです。

 

そのため、クレジットカードはこのシステムにとっては混乱させる存在です。

 

ただクレジットカードの使用はダメとはいっていません。むしろポイントの恩恵は受けたほうがいいと思います。

 

クレジットカードにはクレジットカード使用のシステムがありますので、

また後日紹介したいと思います。

 

◆まとめ

意外と今の口座管理方法がベストなのかもしれない(笑)

今回の引越しでの口座変更は見送ります。

 

自立してお金を使うようになると支払い口は増え、支出管理は複雑化します。

それを家計簿で把握するのはなかなかレベルが高いです。

一度システム化してしまえば、お金の管理はぐっと楽になりますよ。

 

自分なりのベスト口座数を探し出してみてください。