手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ


引越しに伴い火災保険加入しました。

最近仕事がしんどく、週末死んでいる状態が続いています。

勤務時間でいうと1日10~12時間ほどで、前から変わっていませんが、最近かなりしんどく感じます。

 

たぶん、与えられている仕事の責任が重くなっているのもあり、精神的な緊張が前よりも体を疲れさせているのだと思います。

 

明日は温泉にでも行って疲れを取りたいです。

 

***********************

諸事情により現在住んでいる家を引っ越すこととなりました。

次住む家は賃貸物件で、先週ネットでピックアップした物件を内覧し、決定しました。

もちろん家賃交渉をし、家賃5%ダウンに成功しました。家賃交渉はかならずすべきと思います。コツとしては具体的な数字を提示したほうが、大家さんも考えやすいと思います。

 

今回持ち家でなく賃貸物件である理由ですが、単に住宅を買えるほどの収入がないため、賃貸としています。賃貸のほうが同じクオリティ(立地、間取り、築年数など)であれば安く住めます。税金負担と管理費がないからですね。

 

そのため、若いうち(20代)は家計的に無理をしないと持ち家は買えないというのが個人的見解です。また20代で住宅を購入して一生住み続けるのは難しいと思います。死ぬまで住むとして80歳くらいでしょうか。築50数年。建て替えの話があってもおかしくありません。生活が落ち着くまでは賃貸で様子を見るほうがリスクが少ないと思います。

 

20代で新築マンションを買おうとしている人は一度落ち着いて考えたほうがいいと思います。

 

賃貸マンションに住むこととなり、初期費用を見積もりしたのですが、これが結構かかるんですね。敷金・礼金の認識はあったのですが、仲介手数料と家賃保障会社の契約で各々家賃1ヶ月分ほど取られます。

 

具体的な見積もりを書きますと、

敷金:家賃2ヶ月

礼金:なし

保証会社保証料:家賃1ヶ月の80%

仲介手数料:家賃1ヶ月分

火災保険:22000円

鍵交換料:約15000円

 

で、だいたい家賃の4ヶ月分取られることに。礼金なしの不動産会社を選んだのでまだ安く抑えられた方です。不動産会社によって仲介手数料や礼金などが異なるので、複数の不動産会社で見積もりすることをおすすめします。

 

最近は家賃保証のため、保証会社への契約が課せられることがほとんどらしいです。この認識はありませんでした。しかしこれはMUSTのようなので仕方ありません。

 

ここで削る項目としては火災保険ですね。ぱっと見で高いですよね。

 

火災保険とはなんぞやですが、読んでそのまま、火災の際の家具・家電や部屋の損壊を保証してくれる保険のことです。ただ水漏れや落雷など火災といっている割には他の内容についても保証してくれます。内容は保険会社によって変わります。

 

火災保険は大家さんが加入を条件としているのですが(もし燃やしてしまったときに賠償できないとお互い困るからね)、保険会社については不動産屋の提案です。不動産屋で付き合いのある保険会社を斡旋しているとのことです。火災保険については個人で契約してもいいとのことだったので自分で探すことにしました。

 

火災保険(賃貸用)で気にする項目は3つあって、①家財保証、②入居者賠償責任保証、③個人賠償責任保証です。この中で最低限、②入居者賠償責任保証、③個人賠償責任保証をつけておけばOKです。

 

①家財保証:自分のもっている家財を保証してくれる。

②入居者賠償責任保証:火災・爆発・水漏れなどで借りている部屋を損壊させたときの保証

③個人賠償責任保証:他人の身体の障害または財物の損壊についての保証。(人に迷惑をかけたときの保証ですね)

 

僕は家財についてはもしものことがあって全部なくなったとしても、どうにかなるっしょと思っているので(というかそもそも今も保険はかけていない)保険を掛けるつもりはありません。

 

ネットでサクッと調べたところ、日新火災海上が安そうだったので見積もりをしたところ、年4000円という結果でした(安)

direct.nisshinfire.co.jp

 

保証内容は

①家財保証:100万

②入居者賠償責任保証:2000万

③個人賠償責任保証:1億円

 

②については自室についての賠償なんで2000万もあれば十分でしょう。③の個人賠償については読めないところもありますが、保険を掛けれるのがこれくらいで、まあ妥当かなと思います。

 

もともとの保険の補償内容は2年で22000円

①家財保証:500万

②入居者賠償責任保証:2000万

③個人賠償責任保証:2000万

 

と、自分が保証した内容となっていないし、その分高いし、最悪ですね。

これをなにも知らない人に対して契約させるんですから最低です。こういったユーザーを騙して(は言い過ぎか)利益を得るようなことはなくなればいいと思うし、

なくなるべきです。

 

ただ世の中そんなできた人たちだけで構成されていないので、自分を守るためにも勉強する必要がありますね。

 

以上、もろもろの初期費用と引越し代(現在3DKで同一県内移動で8万くらいでした。これも相見積もり5社くらいしてます。)で家賃5~6ヶ月分といったところですね。

 

なんかすごくがんばって時間をかけて安くしたように読めますが、家賃交渉なんて一言言っただけですから30秒くらいしかかかってませんし、火災保険なんて探してから契約まで1時間もかかってません。引越しの見積もりはたぶん大変ですが(妻にやってもらいました)、ネットで安い評判のところを見つけて2,3見積もをとれば全然結果は変わると思います。

 

特に働いていて忙しい人は時間をかけて安くする気力もないと思うので、初期見積もりより安くなればOKという基準で、色々検討してみるといいと思います。

 

以上、引越しする際は参考にしてみてください。