手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ


夫婦のお金の管理方法。お小遣い制をダサく感じる理由。

転職してから半年以上が経ちました。

最近思うのは全くスキルが向上していないということ。

結局仕事をするための社内ルールなどを覚えることに時間を割かれ、本来身に付けるべきことに時間を使えていないように思います。

 

残業も1日3~4時間くらいしており、最初はスキル向上のため長く働くこともありかと思っていましたが、振り返るとあまり能力は身に付いていませんね。身体的に無理していることはあきらかなのですが。

 

やはり仕事だけで専門性を磨くのは難しく、別途勉強していく必要があると思ったのですが、家に帰ってからまで勉強したくないよね。

 

休日まで仕事のこと勉強したくないですわ。平日死ぬほど働いているんだもの。

 

しかもそこまでやってスキルをあげたとしても上がる年収は微々たものだし、業界がコケたら自分もコケてしまいますよね。

 

将来のキャッシュフロー表を作ってから思ったんですが、我々世代の寿命が伸びることは明確であり、働ける期間が現在と同じ65歳までとすると、資金面で老後生活することが難しい。

 

今の仕事に熱中していくらスキルを高めても、65歳で引退してしまうではないか。

そのため将来的にはフリーランスになろうと漠然と思っていたのですが、それなら先になってしまえばいいじゃないかと思い、独立のためのスキルを身に付ける活動を始めることにしました。

 

かといって本業を疎かにするつもりはありません。

本業はどうせ日中ずっと取り組むので、その時間の質をあげることに専念します。

日中仕事に集中できるよう、まずは日々の睡眠時間を8時間確保し、生活リズムを作ってみます。

 

8時間きちんと睡眠をとって、体力を確保しておけば、ある程度メンタルへのダメージも耐えれるように思うのです。そのため、まずは8時間睡眠を確保し、残りの時間を効率的に過ごすことを試してみます。

 

職場の同僚と差別化できるのかはなぞですが、日々熱意を持って取り組むことで結果は変わるのではないか。まずは1ヶ月試してみたいと思います。

 

そして仕事はさっさと切り上げて、このブログを書いたり、英語や専門性を勉強する時間に充てたいです。

 

理想は1日8時間の労働で、月30万の収入を得ることかな。

これって超しあわせじゃないですか。もちろん実現しているひとはいるんでしょうけど。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前置きが長くなりましたが、僕たち夫婦のお金の管理方法について書きたいと思います。

 

夫婦のお金の管理については、夫が妻に生活費(食費、雑費、小遣い)を渡すスタイルです。なぜこのスタイルになっているかというと、自分で稼いだお金を他人にコントロールされるのが気持ち悪いからです。そう、そんなに深い理由はありません。

 

このスタイルの場合、妻が月々の生活費が少ないと嘆くものだと思いますが、うちの場合はそれはありません。妻がちょっと変わったやつなのかもしれません。

 

というのは冗談で、

我が家では、渡すお金を極端に少なくしていることもなく、金額が妥当か妻とよく話をします。収入の全体についても話しますし、要はきちんとコミュニケーションしていれば妻も不満に思わないのではないのかと思います。

 

また稼いだのは俺だ、というぶれない心を持っていることも大切です。

家事育児をしているから私の給料でもあるという主張を見ることがありますが、

全く関係ない話だと思います。それはただの搾取です。収入を得たいなら働くべきです。

 

 

僕は周りの同僚や親戚にお金の管理事情を結構聞くんですが、お小遣い制であることが多いです。むしろお小遣い制じゃない家計は今まで1件しか見たことないです。

 

「お小遣い制なんだ。」ってかっこ悪いですよ。

なにがかっこ悪いのかというと、マネーリテラシーの低さ、受け身さを感じるんですよね。要はパートナーがお金のことを考えていて、自分はなにも勉強していないっていう風に読めるんです。それなのにどこか不満のニュアンスを感じるですよ。

 

そういう人に限って結婚して自由を失ったとか言うんですけど、そういう思考がもったいないですよね。すべてに受け身でしかない。

 

「旦那がケチでお小遣い5000円しかくれないの」

っていうのもかなりダサいです。たまに友達の奥さんがもっと生活費をくれとか言っている現場を見ますが、もう最悪です。

これは旦那が人にお金を使いたくない、旦那ケチパターンですね。

そして旦那が悪いように思いがちですが、嫁も旦那を立てる器量がないんです。

どっちが先でどっちが悪いのかはよく分かりません。

 

「小遣いの額は決まってるけど、お金のコントロールを夫婦で相談してるよ」

この人はたぶん仕事できますわ。

 

自分で稼いだお金は自分でコントロールし、責任を持つべき。

いくら夫婦といえども、お金についてはお互いに自立し、他人依存(自分ではなにも考えない)にならないことが大人である思います。

 

老後思っていたより貯金がなかったとか、年金がもらえなかったとか、パートナー任せにしていたら有り得ます。それを人のせいにするのはおかしいでしょう。

 

お互いが自立し、自分軸を持ってお金を使う。

専業主婦(夫)でお金が得られないなら協力を得るのもいいですが、

脳停止状態にはならないこと。

 

美しくスマートにお金を使えるようになりたいものです。