手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ


年50本映画をみた僕が教える、おもしろい映画の探し方

社会人になってから、子どももでき、なかなか外出できないようになりました。

そのため趣味として週末DVDを借りてみてました。

 

映画を見始めた頃はどの映画が面白いか分からず、全然面白くない映画にあたることもしょっちゅうでした。社会人になると自分の時間が少なくなるので、2時間つまらない映画につきあうのはもったいないですよね。

 

そこで週1本映画をみるぼくが、必ず外さない面白い映画の探し方を紹介します。

 

①Filmarksで探すと間違いない

filmarks.com

 

Filmarksは映画のレビューサイトです。知らなかった人も多いのでは。

まずはユーザー登録が必要なので手間ですが…。

 

ログインするとTrendが見れるようになります。

ここには今話題となっている映画が表示されます。

 

f:id:kochichi:20170604222204p:plain

 

この中にある映画の中で、★4つ以上であればまず間違いなく面白いです。

時間を損することはありません。

 

見たことある面白かった映画は、ほとんどここに紹介されていると思います。

 

あまり映画を見ない人はこの中からピックアップすれば十分です。

自分の消化本数よりここに表示される映画の方が多いはず。

 

そしてここに紹介されている映画の中からその日の気分で、ジャンルを決めます。

・サクッと見たい、スカッとしたければアクション

・ほっこりしたければヒューマンドラマ

・しっかり映画を見たければミステリー

といった風です。

 

②慣れたら監督・俳優でフィルターをかける

ある程度映画を見ると、見たい映画を選べるようになります。まずひとつの判断基準は監督です。

 

監督によってだいぶクセがあります。たとえばクリストファーノーランだと脚本に凝っ

ており、サクっとみたいときには合いません。

 

サクっとみたいからリュックベッソン作品(テンポの良いアクション作品が多い)にしよう。とか。

 

監督について知ると作品選びがはかどります。

 

あとは好きな俳優ができたらその人の作品をピックアップすればよいです。

 

最近上映された「LALALAND」は、ぼくが好きなライアンゴズリングとエマストーンの共演、かつ監督が「セッション」くそ面白い映画を撮影したデイミアンチャゼルだったため、まず見て損はないと判断できました。

 

他にはマーゴットロビー、スカーレットヨハンソン、レオナルドディカプリオ作品などは必ず見るようにします。

 

③見る作品が偏ってきたら、アカデミー賞受賞作品からピックアップ

ある程度見ると自分の見る映画が偏ってきます。

そこで自分のフィルターからはずれたものを見たいときは、過去のアカデミー賞受賞作品から見る映画をピックアップします。

 

注意すべきはアカデミー賞を受賞しているからといって、面白いわけではないということ。アカデミー賞は映画好きが選ぶ賞なので、一般的に面白いというものが選ばれているわけではありません。

 

なので興味ある作品を見つけたらFilmarksのレビューでフィルターをかけましょう。

過去の アカデミー賞受賞作品は検索すれば出ます。

 

 

最後にぼくが面白いと思う映画を3つほど紹介します。

 

ドラマ:マイ・インターン

アクション:キングスマン

ドラマ、ミステリー:ビューティフルマインド

 

 

 以上、ご参考ください