手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ


貧乏になりたくないなら奨学金を繰上げ返済なんてしてはいけない。

奨学金について。

繰上げ返済をできるお金があるなら、する人がほとんどだと思います。

繰上げ返済をすれば利息がつかないから。

 

その考え間違ってます。繰上げ返済はしてはいけません。

 

社会人なり、1年目で貯めた貯金が100万あるとします。

Aさんは100万円を、奨学金の繰上げ返済に使いました。

Bさんは100万円を、パーっと海外旅行に使いました。

 

10年後どちらがお金持ちになっているかというと、

間違いなくBさんでしょう。

 

 

Aさんが投入した100万で得られるのは本来払うはずだった利息だけです。

Aさんは日本学生支援機構に100万円を使ったんです。

 

Bさんは100万円というエネルギーを自分に使っています。

ここでは例として海外旅行としましたが、そこでの経験、知見は今後ずっと活きます。

 

Aさんが今後ずっとバージョン0.0であるのに対して、

その時点でBさんはバージョン1.0です。

 

その状態で今後10年働き続けると差がつくのは歴然でしょう。

 

 

Bさんは早い段階で自分に投資をすることで、時間を見方につけているのです。

一方Aさんは何も変わっていません。だって自分にお金を使ってないんだもの。

 

特に20代で使えるお金なんて限られています。

年収についても周りと差がつきにくい年代です。

 

そこでの100万円、200万円という大金を借金の返済に使うなんてただのアホです。月々返済なら、20代の間に返さなければいけない額はたかがしれてます。

 

奨学金の返済なんて1万~多くても3万とかでしょう。

それくらいであれば月々返済ができないということはないでしょう。

 

一括返済して浮く利息なんて数十万ですよ。

それのために20代の数百万円を投資するの?投資効果悪すぎます。

 

そしてたとえ自己投資に使わなかったとしても、現金はホールドすべきです。

絶対に奨学金を返済するなどアホなことに使ってはいけません。

 

100万あれば、

・いざ会社が傾いたときに転職することができます。

・今付き合っている恋人との結婚費用に充てることができます。

・欲しい車を中古なら一括で買えます。

・株・不動産に投資して勉強することができます。

・会社をやめても半年は生活することができます。

 

選択肢が増えるんです。

奨学金を返せずに破産するじゃないかなんてことを言う人もいます。

返すくらいならキャッシュで持っといて、なんかあったら一括返済すればいいじゃんと思います。

 

選択肢が増やせる かつ 破産リスクもない。

 

そんな考え方なのでぼくは月々3万弱ですが奨学金を返済しています。

 

ストック(貯金)はあるが、キャッシュフロー(収入)が生活に対して足りないという人が繰上げ返済を考えるかもしれません。月々の返済が楽になるからね、

しかし、その答えはストックを削れです。

 

キャッシュは最強ですよ。

なんならあんな低金利でお金を借りれるくらいなら、学生の間に余分に奨学金を借りて貯めこんでおくのもありだと思います。

 

地方に就職するならそれで車買えばいいじゃん。

カーローンより金利安いよ。

 

そのお金で海外旅行すればいいじゃん。どこへでもいけるよ。

 

社会人になって、奨学金返済しようとしてるキミ!

月々の返済にビビッて将来の幸せを売ってはいけない。

 

もう一度、繰り上げ返済が本当にお徳なのか、よく考えてみてほしい。