手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ


FP3級に合格して変わったこと3選

ぼくは今年FP3級を取得しました。

本業は全く関係ない仕事をしておりますが、趣味で勉強して合格しました。

 

最初は社会人の少ない貴重な時間を、FP3級取得に費やすのはいかがなものかと悩みました。本業の勉強したほうが今後の収入上がるかなとか考えました。

 

しかし、合格した今だから言えるのは、FP3級の勉強をしてよかった。

していなかったら今の自分はない。皆さんも勉強すべきです。

 

そもそもFPとはなにか。

ファイナンシャルプランナーの略で、お金のについて詳しい人のことです。(ざっくり)そしてその試験があるのですが、2級までは一般人でも受験可能です。

 

学科と実技があるのですが、両方とも筆記試験です。

ぼくは若かりし頃、FPという資格に憧れて受験しようと考えたのですが、

「実技あるやん…独学では無理やろ」

と、実技を面接チックなものと勝手に想像し、勝手にあきらめました。

 

アホですね。

 

FP3級は結構簡単な試験です。正解率60%で受かります。

それだけど大変役に立つ資格です。

 

内容は人生で起こる、お金のこと全般についてです。

税金、保険、住宅、相続、投資など。

 

勉強して損することはなく、むしろ勉強しないほうが損します。

 

今日は皆さんのモチベーションになればと思い、実際にFP3級に合格して変わったことを3つ紹介します。

 

①お金についての恐怖がなくなった。

FP3級の勉強をする前までは、お金に漠然とした不安を持っていました。

「株はギャンブルで、金持ちの遊びだ」「金持ちは税金をいっぱい取られるらしい。税金って怖い」「老後って全然お金もらえないらしい」

とか。

 

FP3級の勉強をすると人生で関わるお金の話全般につき勉強しますので、お金のことで知らないことはまずなくなります。

 

知らないこと話がないんで、お金への漠然とした怖さがなくなるんですよ。それだけでもすごいと思いませんか?

 

また仕組みについても理解しますので、税金がどういったものがあって、どういう計算で課税されるか、将来もらえる年金、株の仕組みも分かりました。

今でははやく株・投信を買いたいという状態です。

 

②自己肯定感が生まれた。

FP3級に合格したことで、俺ってできるじゃんと自分に自信が持てるようになりました。特に時間の無い社会人・子持ちの状態での勉強はずっとうまくいってなかったので、ブレイクスルーすることができました。

 

学生の頃のような机に座って時間を投入する方法ではうまくいきません。

自分なりに勉強方法について考え、取り組み、合格できました。

そのため自分の考えた勉強方法を肯定することとなりました。

 

勉強方法についてはまた別途紹介したいと思います。

 

③お金への理解が加速した。

前からお金関連の本を読むことをしていました。

FPの勉強をしてからというもの、本に書いてあることの吸収度が劇的に変わりました。

 

それはまでは1文に対して吸収度30%とすると、今では120%吸収できるようになりました。その文字の先までが理解できるようになったんです。

 

たとえば

住宅を購入すると、住宅費だけでなくその他の支出が増える

という文があったとすると、固定資産税かかるしね。など、文章の背景まで読めるようになるわけです。

 

そのためこの半年で、お金への理解が急激に加速しました。

 

投資効果くそ高いです。

 

 

少しでもお金に興味があるのなら、是非挑戦してみてください。

以上、FP3級に合格して変わったこと3選でした。