手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

会社に行きたくないけど、会社に行く方法

KOCHICHIです。

 

今日は朝から会社に行きたくなく、

ほんとうに毎日もったいないなーと思います。

 

しかしです。

かといって会社をやめて、フリーランスでなにかを始めるといったことをやりたいかと言われるとNOなんです。

 

日々将来が不安なことにストレスを感じるよりは、会社に行って与えられた仕事を処理するほうが簡単だと思うから。

 

結局は毎朝会社に行くということを選択しています。

 

まずぼくは会社という縛りがなくなると生活リズムが崩れるでしょう。

確実に夜型になれる自信があります。

 

もともとかなり怠惰だったんですが、こんなに日々活動できるようになったのは会社のおかげでもあります。

 

ドラスティックな動きをするのはまだ早く、

もう少し自分の本当にやりたいことはなんなのか考えます。

 

そんな感じなので、毎朝結局会社に行かなければならないのです。

そこでぼくが実践している会社に行きたくはないが、行く方法をご紹介します。

 

◆ギリギリまで寝る

最近は日が昇るのが早いので、5時とか6時に一度目が覚めます。

目が覚めたときに思うのが、「あー会社いきたくない」です。

 

そしてギリギリまで寝ることにします。アラームをギリギリの時間に掛けます。

これで次起きたときは「あー会社いきたくない」ではなく、「もう行かないとな」の状態になっているんです。

 

追い込まれないと動かない習性利用してます。

あとギリギリを攻めることで長めの睡眠時間確保ができるので、心もどこか満足できます。

 

◆出社することを考えない

会社に行くということ、1日会社で働くということを考えると、行きたくないという思考になります。そこで効果的なのが、会社に意識をフォーカスしないこと。

 

なにも考えないをするんです。心を無に淡々と準備しましょう。

 

でもまあ、それでも考えると思います。

なのでぼくは、通勤電車の中でなんの本読もうかなとか考えます。

 

通勤電車・バスで寝ると決めて、駅に行くことを目的としても、ただ会社に向かうよりは楽になります。

 

一番しんどいのが徒歩通勤で会社にただ向かうことかもしれませんね。

ぼくの経験上、会社に行くのが楽な通勤手段は

 

電車(座れる) > 自転車 > バス > 徒歩 

 

ですね。満員電車は辛すぎて泣いちゃうかも。

 

◆とりあえず午後までを考え、早く帰ることを誓う。

朝1日のことを考えると、心がフリーズします。

今後12時間働くと思うと、それはもうしんどいわ。

 

なのでぼくは昼休みに意識をフォーカスして、とりあえず昼休みまで頑張ります。

昼休みまでだったら頑張れますよね、長くても4時間とかでしょう。

 

 

それともうひとつ、

本日中に終わらせるタスクを決めて、それが終わったら帰ることにしてます。

これで無駄に残業することをやめてます。

 

結果残業することとなっても、最初から残業可能時間まで働くと考えるよりは、

早く帰ることができるかもしれないと思える分楽です。

 

◆まとめ 

会社に行きたくないけど会社に行くって本当に意味分かりません。笑

本来は日々楽しく過ごせればいいのですが、それでも明日はきますよね。

出勤がしんどいひとへのとりあえずの処方箋(暫定対策)になればと思います。