手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ


社会人3年目で転職したぼくだから言う「転職活動はすべき」

ぼくは社会人3年目(経験2年)で転職をしました。

会社に入社したころはまさかこんなに早く転職するとは思っていませんでした。

 

今後40年間最初の会社で働くものだと思っていましたからね。

ずっと同じ会社で働いたほうが安定だと思っている人も多いのではないでしょうか。

 

その答えに対してはNOです。

転職してみて分かったことを書きたいと思います。

 

◆転職時のスペック

まずは具体的にぼくがどんなスペックでどんな会社に入れたのか書きます。

<ぼくのスペック>

・3流大卒、世間から2年遅れ(察して)

・資格:自動車免許くらい。しかもAT限定。笑

 

転職前の会社

・世の中の会社でいうと大手。年収500万程。

 

転職後の会社

・転職前の会社より大手。提示基本給は前職より5000円ダウン

・福利厚生の面で、前職より8万程ダウン(扶養、住宅補助など)

・見込み年収500万(前職より残業多め)

 

といった感じ。

これだけ見ると、転職に失敗したように見えますが、幸福度はあがりました。

地方に移動したため、収入的には下がったように見えますが、生活レベルは変わっておらず、むしろ質は向上しました。

 

◆転職への思い込み

当時のぼくがそうだったんですが、転職について変な思い込みをしていました。

以下のことについて共感できる場合は要注意です。

 

・転職するには、今の会社をやめなければならない

・転職すると今の会社よりランクが落ちる

・社会人経験3年以上ないと転職は厳しい

 

そんなことはない。

やってみてわかったんですが、転職なんて大したことないです。

むしろ転職活動をすることはメリットしかないので、さっさと活動してみたほうがいいです。

 

転職するには、今の会社をやめなければならない

⇒転職活動するのには会社をやめる必要なんてありません。

基本働きながら転職活動します。そのため、転職活動をすることで失うものなんてなんもないんです。

 

転職すると今の会社よりランクが落ちる

⇒これもそんなことはない。現にぼくは前職より大手の会社にいます。

今はリーマンショックのときのような不況でもなく、世の中の動きとしては、人手を確保する方向となっています。

 

そのため転職することが厳しいということはなく、どちらかというと会社を選べる立場にあります。

 

③社会人経験3年以上ないと転職は厳しい

⇒これも嘘。経験2年でしたが、オファーも普通にありましたし、大手企業に何社か受かりました。厳しいことはないが3年目以降のほうがもっと選べることは確かかもしれません。

 

◆とりあえずまとめ

今の会社に不満があるなら転職活動しない理由はないです。

内定貰ってもぜんぜん断れますから。残ることも選べますよ。

 

やってみて損することは本当にないです。まずやってみたらいいじゃんと思います。

次回以降具体的な転職活動の流れについて書きたいと思います。

 

 

では。