手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ


3人家族の家事情。間取り、家賃はどんなもの。

kochihciです。

 

通勤時間はもっぱら家を探しています。

もっといい立地がないかなーとか、お徳な物件ないかなーとか、

今度住むのはどこらへんにしようかと考えるのが好きです。

 

見ていて思うのは、やはりいい立地、間取りは家賃がむちゃくちゃ高いです。

誰が住めるのか本気で気になります。

 

そんなこんな今日は我が家の家事情を紹介したいと思います。

 

家族のスペック

夫、妻、子(未就学)の3人家族

 

家の間取りは

賃貸マンションで、間取りは3DKです。60㎡ほど。

部屋の使い方としては、

 

部屋①(リビング):家族のたまり場

ダイニング:ごはんを食べる。たまにリビングでも食べます。

部屋②(和室):妻と子どもの寝室です。昼はこどものプレイルームです。

部屋③(洋室):自分の書斎兼寝室です。

 

3人家族のおすすめ間取りは3DKです。

夫婦寝室が一緒であれば、2DKでもいいと思います。

 

メジャーな2LDK間取りをおすすめしていない理由は、

家具のレイアウトが難しいからです。

 

特に家賃を安くするには、築年数が古い物件を選ぶと思うのですが、

対面キッチンでない場合がほとんどです。あとリビングと言っていいのかというほど、狭い(10畳ない)物件が多いです。

 

思い切って3DKでダイニングが分かれている方が、個人的には使いやすいです。

 

家賃の考え方

家賃は安ければ安いほどいいです。

しかし、ボロボロすぎて、できれば家に居たくないようでは不幸せですよね。

 

そこで、だいたい手取り収入の25%以内を目安とするといいと思います。

子どもが小さい家族はだいたい20代後半~30台前半で、手取り収入20万円台だと思いますので、5万~7.5万目安でしょうか。

 

この数字を見ると、住めるとこないわ!と思う人がほとんどかもしれません。

でもこれより多い家賃を払っている人は、やっぱり家賃高いですよ。

他の支出をカットするか、収入を増やすかをすべきと思います。

 

あ、我が家は月手取り23~25万で家賃6.5万です。やや高めです。

 

夫婦別寝室のすすめ

夫婦と言えどもやはり他人です。毎日一緒に寝ていたらさすがにストレスが溜まります。やはり1人の時間を持つという点でも、我が家各々パーソナルスペースを設けています。

 

夫婦だから一緒に寝ないといけないという法律はないし、好きなようにすればいいんだと思います。

 

まとめ

何百万も頭金を貯めて、家を買うくらいであれば、ほかの事にお金を使いたいです。

あまり持ち家欲求はないですね。

 

ご参考ください。