20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

3人家族の住宅事情。間取り、家賃はどんなもの。支出の大きい住居費を節約すると貯金が楽になります。

 

f:id:kochichi:20181119214344j:plain

 

通勤時間はもっぱら家を探しています。もっといい立地がないかなーとか、お徳な物件ないかなーとか、今度住むのはどこらへんにしようかと考えるのが好きです。

 

物件を見ていて思うのは、やはりいい立地、間取りは家賃がむちゃくちゃ高いです。誰が住めるのか本気で気になります。

 

この記事では3人家族である我が家の家事情と、おすすめの間取りを紹介します。

 

ちなみに我が家は3DKで、おすすめは2LDK以上です。

 

3人家族の方は参考にしてください。 

 

3人家族の住宅事情

家族のスペック

まずは我が家のスペックを紹介します。

夫、妻、子(未就学)の3人家族。

地方在住、車1台所有です。

 

 

3人家族におすすめの家の間取り

我が家は賃貸マンションで、間取りは3DKです。60㎡ほど。

部屋の使い方としては、

 

部屋①(リビング):家族のたまり場

ダイニング:ごはんを食べる。たまにリビングでも食べます。

部屋②(和室):妻と子どもの寝室です。昼はこどものプレイルームです。

部屋③(洋室):自分の書斎兼寝室です。

 

 

3人家族のおすすめ間取りは3DK(2LDK)です。

夫婦寝室が一緒であれば、2DK(1LDK)でもいいと思います。

 

メジャーな2LDK間取りでなく、3DKを選んだ理由は、家具のレイアウトが難しいからです。

 

特に家賃を安くするには、築年数が古い物件を選ぶと思うのですが、対面キッチンでない場合がほとんどです。あとリビングと言っていいのかというほど、狭い(10畳ない)物件が多いです。

 

思い切って3DKでダイニングが分かれている方が、個人的には使いやすいです。

 

 

住居費を節約できれば貯金は楽になる

家賃は安ければ安いほどいいです。しかし、ボロボロすぎて、できれば家に居たくないようでは不幸ですよね。

 

いくら安いといっても、雨風をしのげないとか、耐震に問題があるとか、カビが生えてて健康被害の可能性があるといった場合、引っ越したほうがいいですよね。

 

家賃の目安としては、手取り収入の25%以内を目指すようにしましょう。

 

固定費である家賃が高くなってしまうと、貯金をすることが難しくなってしまいます。将来必要になるお金を貯金するためには、家賃が高すぎない(身の丈に合っている)ということが必要になります。

 

子どもがまだ小さい家族はだいたい20代後半~30代前半で、手取り収入20万円台だと思いますので、5万~7.5万円が目安でしょうか。

 

可能であれば、旦那さんの本給手取り(残業含まず)の25%に抑えられるといいです。こどもができれば今までどおりに収入を得られるということも難しいです。

 

そのため、旦那さんの1馬力で、不況になり残業カットされた場合でも生活に支障のないコストにしておくとリスクに強いです。

 

家賃5万~7.5万円と見ると、住めるとこないわ!と思う人がほとんどかもしれません。しかし、これより多い家賃を払っている人は、やはり家賃高いですし、貯金をきちんとできている人は家賃を抑えています。

 

東京に住んでいるのであれば、家賃は高いと思いますので、他の支出をカット(車を持たないとか)するか、収入を増やすかをすべきと思います。

 

ちなみに我が家は、月手取り19万円(ぼくの本給手取り)で家賃6.5万円です。結構しんどいので、これから部屋を探すという人は、25%以内に収まるよう、がんばって探してみてください。

 

また新築を買ってもいいですが、手取りの25%とすると、ほとんどの人が新築は買えないんじゃないかと思います。

 

これの答えは、新築が欲しいなら、月々の住居費が手取り25%に収まるよう頭金で支払いましょう。頭金が貯まるまでは、安心して生活したいなら、買わないほうがいいと思います。(ただ家を買うのが夢だったとかなら買ってもいいと思います。)

 

 

夫婦別寝室のすすめ

我が家は夫婦寝室は別です。

 

夫婦と言えどもやはり他人です。毎日一緒に寝ていたらさすがにストレスが溜まります。やはり1人の時間を持つという点でも、各々パーソナルスペースを設けています。

 

夫婦だから一緒に寝ないといけないという法律はないし、好きなようにすればいいんだと思います。

 

寝室を別にしたからといって、困っていることはないです。むしろ一緒に寝ることで起こるストレスがないので快適ですよ。

 

 

こどもの年齢で間取りは変える予定

現在こどもは1人で、4歳なのですが、こどもが年を取るにつれて部屋の間取りを変えていく必要があるでしょう。

 

ぼくの計画としては、

こどもが0歳~小学生:このまま、2LDK(3DK)

中学生~高校生:3LDK(2人目が生まれていたら4LDK)

が理想ですね。

 

さきほども寝室の話で言いましたが、ぼくはひとりになれる時間と場所が欲しいので、一人一部屋は欲しいです。そのためこどもが増えて2人となった場合、4LDKが必要になるかなと思っています。

 

予算がない場合は、ぼくが我慢して、3LDKの部屋に住むことでしょう。

 

 

賃貸マンションなら収納に気をつけよう

賃貸マンションの場合、収納がない物件が多いです。我が家の場合、クローゼットと押入れがふすま8枚分くらいあります。

 

使わなくなったおもちゃ(次の子のためにとっとくもの)や、バーベキューセットとか季節家電とか、結構収納するものはあります。

 

まあ物を持たなければいいのですが、持っていた方が効率のいいものとかもあると思います。収納が少ないことが多いので、将来を見越して収納は多い物件を選んだほうがいいです。

 

 

まとめ

・3人家族のおすすめの間取りは3DK。

・ 支出の大きい家賃を手取りの25%に抑えると、貯金が楽になる。

・賃貸マンションの場合は、収納がある家を選ぼう。

 

以上、ご参考ください。