手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ


生活コストを下げる、シンプルな生活について考える

歳を取るにつれて生活の規模は大きくなっていきます。

それまで1人暮らしの感覚でいたぼくは3DKの部屋に引っ越したとき、

生活規模を大きくすることに怖さを感じました。

 

それまでは1人暮らしの家具で事足りていたのですが、

3部屋もあるとそれぞれに電気やエアコンなど家電を準備する必要がでてきます。

3倍かかるコストと、それを維持することが怖かったのです。

 

家を見ると

「これを俺の収入で作り上げたのか、、、」

と、なんとも言えない感情を抱いたのを覚えています。

 

物を維持することは向いてないのかもしれません。

 

 

理想とするのは独身寮

ぼくは昔、独身寮に住んでいて、

そこでは決まったお金を払えばよく、大浴場があり、毎食が準備されていました。

 

ベッド、机、パソコンがあるだけで、

生活コストものの管理に時間をとられることもなく、

今思えば、自分のやりたいことに集中できる環境でした。

 

そんな生活でもやっていけていたのはストレスが少なかったためかもしれません。

 

 

今の状況は

生活規模が大きくなった分、物が増えるのに伴い、管理のコストが増えました。

定期的な家電故障の対応や、電気の交換など。

 

また、仕事をすることで、少なからずストレスがかかり、

無駄に毎日ビールを飲んだり、缶コーヒーを買ったりしてしまいます。

 

自分の中ではこの生活が、機能が複雑になった分、

壊れやすくなった家電みたいなイメージがあります。

 

 

理想とする生活をするためには

ミニマリストに憧れているわけではないですが、

乱れた生活環境をシンプルに整理して、生活コストを下げたい。

 

毎日働いて、そのストレスから物を足して生活を充実させたり、晩酌したりする。

そしてその生活のために働く~

の負の無限ループから脱出したいわけです。

 

っていうのは前から結構思うのですが、なかなか難しい。

やっぱり寝る前にはビール飲みたくなっちゃうし、

出勤するとコーヒー買っちゃうんだよね。

 

 

生活改善のために

生活規模を大きくしたり(家とか家電をやたらと充実させてしまう)、嗜好品にやたらと走ってしまう背景はやはりストレスが原因かと考えました。

 

こんな日々の改善のために

①友人と過ごす時間をつくる(ストレス改善!)

②日頃の仕事をスムーズに行うために、タスク管理をする(ストレス撃退!)

③必要・不要なものの判断ができるよう整理整頓する時間をつくる(生活の見直し)

 

を取り組んでみたいと思います。

目指すは最低限の衣食住で幸せを感じることのできる生活。