手取り20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

電子書籍をおすすめする3つの理由

最近はもっぱら電子書籍派です。

 

一昨年までは本はぜったい紙派で、かつ図書館でよく借りていました。

それが今では完全に電子書籍派で、紙の本はまったく買わなくなりました。

 

なぜ紙派だったわたしが電子書籍に寝返ったのか。電子書籍をおすすめ理由を紹介したいと思います。

私が使っているのは「Kindle、楽天kobo、dマガジン」です。

 

 

①何の本を読んでても、周りにバレない 

紙の本を読んでいる頃、特にお金の本を読み漁っていたので、通勤時の電車や喫茶店で読んでいる際、周りの視線が気になっていました。

(実際そんな周りのひとは私のことを気にしてはいないでしょうけど)

 

ビジネス本やら好きなので読むのですが、世間の目は「意識高い系」と冷ややか反応が多いように思います。

 

「好きなんだから読んでもいいし、周りは私のことなど気にしてない」と、思ってましたが、周りの目が気になるのも事実。

 

そこで、電子書籍です。外から見ても文面しかパっと見分かりませんから好きな本を読み放題です。

 

 

②好きなときにすぐ買える

読みたい本があったとき、紙の本だと書店に行って探して、そこに置いてないこともよくありました。そして買いに行くのにも結構時間がかかります。

 

電子書籍であればその場ですぐ買えて、すぐ読むことができます。

特に、書店が空いていないような時間に気になることがあって本を読みたくなることがたまにあったのですが、電子書籍のおかげですぐ読めるようになり悶々とすることがなくなりました。

 

③場所をとられない

私は本棚をひとつもっているのですが、そんなに大きいものでもありません。

そのため、今本を読んでいるペースで買っているとすぐに本があふれてしまいます。

 

でも、そのために本棚を買い足すとスペースも必要になるので、コストがかかります。なんだかもったいない気がしていました。

 

電子書籍であればスペースいらずなので、書斎が狭くても大丈夫。

 

また、友人を家に招待した際、本棚でわたしの趣味・嗜好がバレる心配もなくなります。

 

 

楽天ポイントを使うことができる

これに限っては電子書籍だけの話ではありませんが、楽天ポイントで本を買うことができるため、非常に助かっています。

 

楽天で買い物をしたり(あまりないですが)、楽天カード決済をしているので、年間何万円分か楽天ポイントが貯まっています。

 

でも実際はAmazonの方が安かったりするので、そんなに楽天でポイントを使う機会がないんですよね。

 

しかし楽天koboであれば楽天ポイントを使うことが可能です。

本って結構お金かかるので、ポイントで買うことができるのはとても助かります。

 

 

まとめ

検索性は紙の本がいいし、所持していることの満足感もありました。

しかし、今では電子書籍のほうがメリットが大きいと思えます。

 

特に休日はただでさえ時間がありませんから、本屋にいかずとも本が購入でき生産性があがりました。

 

紙派のひとも再考してみてはいかがでしょうか。