手取り20万円台の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ


おすすめの銀行口座の分け方。貯金するにはいくつ必要か。

今回は銀行口座の分け方を紹介します。

口座を分けるだけで貯金しやすくなりますので、まずは必要な口座を作りましょう。

 

 

銀行口座は、用途ごとに3つに分けましょう。

社会人になって自立したり、結婚して家族が増えると、お金の流れが複雑になります。

 

それまでは自分のお小遣いだけを見ていればよかったものが、ひとりで生活をすることをはじめると、家賃水道光熱費などの決まった引き落としが増える。

 

家族を持つようになると、さらに保険などの支払いが増える。また、支払い時期もバラバラで、支払い方法もバラバラ。かなり家計は複雑になっていきます。

 

ひとつの口座だけではいろんな用途のお金がいっしょになってしまうので、分かりにくくなります。

 

家計管理をするにあたって、口座の数は大切です。

銀行口座を3つに分けば、お金の流れは分かりやすく、管理も楽になるでしょう。

 

 

3つの口座の分け方

銀行口座は、①メイン銀行、②引き落とし口座、③貯金口座の3つに分けましょう。

 

②引き落とし口座を作る理由ですが、これから引き去りされるお金を分けることによって、純粋に使うことができる生活費が残りいくらか分かるようになるためです。

 

引き落としのお金を分けないでいると、本来使ってはいけない引き落としのためのお金まで使ってしまい、引き落としに失敗してしまう可能性があります。

 

では具体的に口座をどのように使っていくのか説明します。

 

①メイン口座

生活費を管理します。食費、雑費、被服費、嗜好品、娯楽費、お小遣いなど。

ここから生活費を下ろして、この予算で月々生活します。

 

②引き落とし口座

家賃、水道光熱費、通信費、保険、教育費、奨学金など、月々もしくは年で引き落とされるお金を入れます。

 

水道光熱費は月によって変わると思いますが、月平均の金額で毎月入金しましょう。

家計簿をついていない最初は、データがなく分からないと思いますので、だいたいの自分の感覚で入れておきましょう。

 

年払いについては、費用を12ヶ月で割って、1月分入金。

 

またこの口座は定期預金で、10万円程入れましょう。

 

ちなみに定期預金とは:

定期預金とは普通預金とは違い、預け入れる期間を決めて預金をする口座です。そのため金利が普通預金より優遇されますが、この低金利の世の中ですからほぼ変わりません。途中解約は可能で、提示されていた金利がもらえないだけで済みます。そのためお金が減る心配はありません。

 

定期預金には、この預けているお金を担保にして、80%~90%の金額を貸付するサービスがあります。もしお金を入れ忘れたり、見積もりより支払いが多くなったしまったときこの貸付のサービスで引き落とし失敗を防ぐことができます。

 

③貯金

貯金するお金を入れます。金額は別途自分で決めます。

ここに貯まっているお金には手をつけてはいけません。この口座にあるお金が貯金になりますので、この口座を見れば貯金額が一目で分かります。

 

図.お金の流れ

f:id:kochichi:20180517140923p:plain

 

振込みについては、会社からの給与振込みを各口座に自動で振り込みできると楽です。会社にそういう仕組みがないか調べてみましょう。

 

最初は引き落とし口座にいくら入金すればいいか分からないと思いますので、メイン銀行に入ったお金を、自分の手で振り分ければいいでしょう。

 

 

銀行はメガバンク、地方銀行じゃなくでもなんでもいい

銀行は引出し手数料が無料である、ネットバンクがおすすめです。むしろ、ネットバンクにすべきです。

 

メインバンクは住信SBIネット銀行がいいでしょう。引出し手数料無料の回数は限定されますが、口座の中にさらにサブ口座を作ることができ、お金の管理がぐっと楽になります。

 

サブ口座では一般的にいうところの、特別費をプールするのに便利です。特別費についてはまた今度書きます。

 

引き落とし口座はなんでもいいですが、できるだけ便利な銀行がいいです。これもネットバンクでいいですし、すでに口座を持っているならそれを使えばいいです。教育費などの引き落としは、銀行指定がある場合があるので、その際はその銀行を選べばいいでしょう。基本的には入金と引き落としにしか使わないので、手数料等はそこまで気にする必要はないです。

 

メガバンクや地方銀行の方がなんとなくいいような気がしますが、特にメリットはありません。1000万円までなら預金は保障されますので、どこの銀行でも一緒です。それならば手数料がかからないところがいいでしょう。

 

 

以上が銀行口座の分け方です。

まずは口座を作ってみましょう。ぐっと管理が楽になりますよ。

 

もっと家計管理について知りたい方は、本を読むことをおすすめします。