手取り20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

支出をコントロールするための習慣

節制生活を始めて3週間になりますが、驚くほどお金を使わなくなりました。支出が0円の日がほとんどです。もちろん食費は別ですが。前と比べると、お小遣いをほとんど使うことがなくなったわけです。

 

そこでぼくが支出を減らすために、日々行っていることを紹介します。

 

 

支出をコントロールするための取り組み

毎日支出を記録する

帰ったらマンスリー手帳にその日に使ったお金と、残高を記録するようになりました。書く内容自体はとても簡単なため、1日3分くらいの作業時間です。

 

これをすることで、明日も使わないようにしようと思えます。また使用しているペースも把握できるので、1ヶ月を乗り切るためにペースを下げないといけないのか、上げてもいいのかが一目瞭然です。

 

またマンスリー手帳で確認しているので、ここらへんで飲み会あるなーとか、支出の予測も把握できます。見える化したことで、支出を調整するのが自分の頭で考えるよりもハッキリしました。

 

 

目的を明確にする

なんのために節制しているのかというのが明確でないと続かないように思います。またその熱量が低くても、浪費に逆戻りです。ぼくはお金の不安から解放されたく、自分の人生のハンドルを自分で握りたいというのが目的です。

 

お金に振り回されず、自分のやりたいことのためにお金を使えれば、自分の人生を楽しむことができると思ったわけです。

 

そんなプアな目的ですが、モチベーションは続いております。まずはなんのために支出を減らしたいのか、考えてみましょう。

 

 

日記を書く

そしてその気持ちを忘れないためにも、日記を書きましょう。ぼくは毎日3行~5行くらいの日記を書いています。そうしないと日々に忙殺されて、この頑張っていた期間のこともすぐに忘れて浪費家に戻ってしまうからです。

 

モチベーションについてもすぐに忘れてしまうし、日記に書いていたことでさえもそのときの感情を思い出すことは難しいです。

 

せっかくやる気になっている今の気持ちを書き残して、忘れないようにしましょう。

 

 

まとめ

こういう習慣はなかなか続けるのは難しいと思っていましたが、結構続いています。というのが、習慣を続けることで、日々支出を抑えられているといううれしさがあるからです。成果が毎日目に見えるので、習慣を続けることは思ったより簡単でした。

 

まずは参考に始めてみて下さい。