20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

子供1人当たりの教育費はいくら貯めるべきか。大学の学費の準備方法を紹介します。

f:id:kochichi:20181218113640j:plain

 

Icchiyです。(@kochichi001)

 

子供の学費貯めていますでしょうか。

 

準備すべき学費について、「1000万円は必要だ」とか、「子ども手当て分を貯めておけば大丈夫」とかいろんな情報が飛び交っていますよね。

 

この記事では、大学に行った自分の経験と、今家計管理している感覚から、いくら貯めるべきかというお話をします。

 

結論は、「子供1人あたり500万円。足りなければ借りる」です。

 

人によって目標額は変わるでしょう。

 

目標額を決めるのに、わたしの考え方を参考になればと思います。

 

 

子どもの教育費はいくら必要か

どういう教育を受けさせるのか

教育費といっても、どういう教育を受けさせるのかによって、かかるお金は大きく変わります。

 

そこでまずは、どういった教育を受けさせたいのか、を考える必要があります。

 

わたしの場合、小中高校は公立でいいと思ってます。自分もそうでしたし、あえてお金をかける必要はないかなと。

 

大学は地方国大でいけるとこ、を希望します。

 

別途やりたいことがあれば、その進路を選ぶのもいいと思います。

 

 

教育費はいくらかかるのか。

比較的お金がかからないであろう、高校までは、月々の収入で対応するつもりです。

 

教育費の貯金は、1番お金がかかる大学費用のために備えます。

 

かかる学費ですが、

 

国立大学4年間の場合:244万円

私立大学(理系)4年間の場合:578万円

国立大学6年間の場合:372万円

 

とのことです。

 

そしてこれにプラスで、仕送りが必要になりますね。

 

地方の国立大に通っていた、学生の頃の生活を思い出すと、

 

家賃・水道光熱費 4万円

食費 2万円

娯楽 2万円

その他 2万

 

くらいかかっていました。

 

仕送りとなると、家賃、水道光熱費、食費くらいを送っとけば生活はできそうですね。

 

そう考えると、多少色をつけたとしても、7万円くらいが妥当でしょうか。東京だと家賃が高いので、10万円くらい必要でしょう。

 

あとのお小遣いはバイトして稼いでくれ、ということでいくら必要か計算してみます。

 

国立(地方)の場合

学費244万円 + 仕送り84万円 × 4年 = 580万円

 

私立(関東)の場合

学費578万円 + 仕送り120万円 × 4年 = 1058万円

  

子供を大学に行かせるのであれば、 580~1058万円くらいかかるということですね。

 

 

18年で、学費を1000万円貯めるなんて無理だ。

わたしの大学生の頃の話です。

 

親元を離れ、地方国大に通いました。

 

親のお金の準備状況ですが、ほぼなかったです。

 

月5万(家賃、光熱費、食費)ほど仕送りしてもらって、残りの学費とかは奨学金借りました。

 

子供のことになると、真面目に全額準備しなきゃとか考えちゃうんですが、準備なんて、そんなもんでいいんじゃないのと思ってます。

 

自分もそうだったし、無事卒業して、就職できてるし。

 

そんな考えから、学費さえあれば、大学に入学することはできるので、最低限学費だけは貯めることにしました。

 

私大に行っても大丈夫そうな、1人当たり500万円。

 

理想は1000万円貯めておくことですが、わたしの現状の収入からでは、難しい。

 

そこで500万円を妥協点として、設定しました。

 

もし足りなかったら、奨学金か教育ローンでも借ります。

 

 

お金を借りることはダメなのか

お金を借りると言うと、負のイメージありますよね。

 

でもよくよく考えてみると、住宅ローンの方が金額も大きいし、よっぽどやばい。

 

それを借りれると思えば、教育ローンなんて大したことないし、今を切り詰めて貯金するよりはいいかなと思いました。

 

わたしの場合、結婚・出産が世間より早かったので、学費を準備するのが難しいです。

 

ただその分、こどもが手を離れるのも早いです。(40代でこどもは大学卒業)

 

ならば一時的にお金を借りて、返していくのもありだと思いました。

 

 

具体的な学費の準備方法

我が家ではこども1人あたり、500万円を準備することにしました。

 

こども手当てをそのまま貯金して、200万円。

 

残りは300万円で、18年で貯めるとすると、年間16.7万円

 

先取り貯金はわたしには向いていないことが最近分かったので、年末に貯金口座の残高が16.7万増えていればOKとします。

 

500万円の半分250万円くらいは、投資信託に突っ込もうかと考えています。

 

増やすことが目的というより、紙幣や学費のインフレ対策のためです。

 

もともと学資保険(終身保険)で貯金していましたが、解約しました。

 

月々の収入が安定しないので、ボーナスとか貯金から支払うこともあり、やりとりが手間だったので、解約しました。

 

学資保険て言っても、そんなに増えないし、リスクはあるので、それなら口座に預金でいいかと思います。

 

 

まとめ

・自分の子にどういう教育を受けさせるかを考える。

・大学に行かせる場合は、580~1058万くらい必要になる。

・学費500万円だけを準備。足りなかったらお金を借りる。

・学資保険買うくらいだったら、預金。わたしは半額を投資信託で運用しようと思ってます。

 

以上、ご参考ください。