20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

ぼくが会社をやめたくなる理由

f:id:kochichi:20180703221816j:plain

 

サラリーマンを受け入れて、残りの社会人人生をせめていい方向に調整しようと頑張っていた時期もありました。といっても数ヶ月前の話ですが。

 

しかし、やっぱ無理ですわ。これは耐えられない。

懲役40年と言われても仕方ないです。なにに耐えられないのか、書いてみたいと思います。

 

 

ぼくが会社をやめたくなる理由

基本皆機嫌が悪い。そして話が合わない。

やはり人間のストレスのほとんどは人間関係に起因すると言われるように、人と仕事することに疲れます。特に月曜日は最悪で、皆あからさまに機嫌が悪いです。冗談を言っても、顔が死んでいて、無視されます。

 

そして少しは共通の話題でもあればいいんですが、全然話が合わないんですよね。有給は権利だから取得すればいいじゃん、とか言っても全然ダメ。なんか悪いことを言っているかのような雰囲気にすらなります。

 

特に気が合う人でもないのに、チームとして働かなければならない環境は本当に地獄です。人生の貴重な時間を消耗しているとしか思えないわけです。

 

 

自分の時間なさすぎ

平日の自分の自由時間はおよそ2時間です。他は仕事・通勤・食事・風呂・睡眠ですべてが終わります。

 

1日のスケジュール

7:00~7:30 起床、朝ごはん

7:30~9:00 通勤(行き)

9:00~20:00 仕事

20:00~21:30 通勤(帰り)

21:30~22:30 風呂、夜ごはん

22:30~24:00 自由時間

24:00~ ロスタイム

 

ざっとこんな感じですよ。最近は早めに帰ってますから、まだ自分の時間と体力は温存できている方です。これが崩れてくると、ほぼ自分の時間はなくなります。

 

自分の時間がなくなると考える時間がなくなり、なにも思わず毎日仕事を淡々とこなすマシーンになってしまいます。それに慣れますから、なにも考えずにその中で楽しもうとし始めます。そして長期連休など、考える時間ができると、「俺はなにをやってたんだ」となるわけです。

 

 

サラリーマンから脱出するためには

サラリーマンから脱出するためには、サラリーマン以外での収入が必要となります。ぼくの足りてない頭で考えた方法は、不動産投資・株式投資です。インカムゲインを得るということですね。

 

そのためには淡々と貯金をつくり、そのお金でインカムゲインを買っていくことかと思います。かなり道のりは長い。脱出できたとしても、最短5年くらいかなと。これはまじでしんどい。

 

ほかは労働力投入して稼げばいいと思うんですが、それでは結局不自由からの脱出にはなれない。やるならば自分の事業を作って、そこに労働力投入することかとは思うんですが。

 

 

まとめ

サラリーマン脱出の今後の方針

・まずは会社で働く時間を減らし、自分の事業をつくる時間に充てていく。

・稼いだお金は、資産(インカムゲイン)を買うことに使う。

 

これを日々耐えながら続けていこうと思います。

 

それでは!