手取り20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

月々の生活費は最低いくら必要か。サラリーマンを脱出後に必要な収入は。

f:id:kochichi:20180706151256j:plain

 

サラリーマンを脱出する志を打ち立てました。

これから脱出するまでの道のりを考えていかねばなりません。理想とするのは好きな時間に起きて、お昼にテレビ見ながらUFO食べる生活です。もう満員電車でない時間を得るためにWebニュースを超スピードでチェックする生活とはおさらばしてやる。

 

今日はその生活をするにはいくらのコストがかかるのか試算してみました。

①今の暮らしで生活費を抑えた場合と②実家に帰って生活をする場合の2パターンにつき、考えてみました。

 

 

月々の生活費は最低いくら必要か。

①今の暮らしで生活費を抑えた場合

会社を辞めた後、今住んでいる場所で生活をすることを考えた場合、いくらあれば生活ができるのか試算してみました。税金についてはまだ考慮していません。単純に支出がいくらになるか考えてみました。

 

f:id:kochichi:20180706144822p:plain

 

結果は21万2000円。

会社を脱出し、フリーランスとしていきなりこの金額を稼ぐことは結構大変かなという印象です。

 

イメージでは頑張って15万くらい。妻との共働きすることが必須です。しかし、2人で働いてしまえば、10万ずつなので、バイトでも生活をすることはできそうです。

 

前提として、奨学金は抹殺しています。奨学金分のキャッシュフローを得るのは難しいでしょう。そのため、会社を辞める前に全額返済するか、その分をキャッシュで手持ちしておく必要があるかと思います。

 

 

②実家に潜り込むことを考えた場合

これはあまりやりたくはないですが、実家に帰って生活する場合です。これであれば家賃もかかりませんし、通信も実家のものを使うことで事足ります。

 

また、親が居ることで、子育てもにも余裕ができることは間違いです。帰省する手間のないので、コスパの面では最強。

 

しかし、人と生活するというのがとてもハードル高いですね。

 

f:id:kochichi:20180706145922p:plain

 

結果は12万3000円程。

一時的に実家にお世話になって、事業の安定化とキャッシュを貯めることが現実的かもしれません。

 

 

試算してみた感想

実家に潜り込むしかねぇ!!

サラリーマンを脱出した後は、恐ろしい税金に殺されかけるでしょうし、自分のビジネスで収入を得ることとその生活に慣れることに時間がかかるでしょう。

 

そのため、生活コストは低く設定できるほうが間違いないです。うまいこと脱出生活に移行するためには、実家に依存したほうがいいかなと。

 

ただその環境で自分のやりたいことが実現可能なのかは再考する必要がありますし、それに妻が耐えれるかも要相談ですね。

 

 

まとめ

まずは今の暮らしを維持した、21万円をどうやって稼ぐかということを考えていきたいと思います。並行して、実家へ移住することは現実的なのかも家族と相談しながら考えます。

 

そして今の生活の支出は徹底的に抑えて、今のうちに脱出資金をためます。奨学金を一括返済するキャッシュは最低でも必要そうですから。

 

次回以降、税金や貯めておくべき資金などを試算していきたいと思います。

 

それでは!