手取り20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

会社をやめて生きていけるのか

f:id:kochichi:20180708115643j:plain

 

会社をやめて生きていくことを決めてから、ストレス度が5%くらい下がってます。「

なんのために生きてんだ」とかも思わなくなり、とても前向きです。

 

しかし、実際に辞めてはないので、その後の生活は今のところ想像の範囲でしかないです。会社やめて生活していけるんでしょうかね。

 

 

会社をやめて生きていけるのか

やめてなんの仕事をするのか

仕事に求めるものは「自由」。通勤もしたくないですし、変なチームとも働きたくないです。昼ごはんはすきな場所で食べたいです。

 

となると、ノマド的な働き方になってくるでしょう。この条件をクリアする仕事で、思いつくのはクラウドソーシング。

 

クラウドソーシングはインターネットで仕事を受けて、依頼されたものをつくって納品する仕事です。1年前くらいに、お試しでやってみましたが、1月で1.5万円くらい稼ぎました。

 

あとはバイトでしょうか。でもぼくが求めているものを考えると、今の仕事と状況は変わらなそうな感じですね。

 

その他は自分でビジネスを起こすか。

 

 

給料減りすぎて生活は完全に困窮

でもここで上げた、クラウドソーシングは単価低いと思いますから、頑張って10万~20万くらいでしょう。

 

今の給料はボーナス加味して40万くらい貰ってますし、さらに年金・健康保険を加味すると50万以上会社から貰っていることになると思います。

 

今の会社からの給料を稼ごうと思ったら、まあすぐには厳しいでしょう。(まさかこんなに貰ってたとは、退職ブロック力半端ない)

 

20万稼いでも生きていけませんからね。ちょっと足りてない。

これでは今後の生活への不安で違ったストレスを抱えてしまいそうな、、、

 

 

自由があっても、経済的に自立できてなきゃ本末転倒

もともと就職した理由は経済的に自立したかったから。社会的評価もそれなりに得られますしね。

 

それまでは(学生の頃)自分でなんかビジネスを起こして生きていこうと思ってましたが、無事に失敗し、就職することにしました。

 

時間はあるが、金はなく、嫌な仕事するしかない、という状況では避けたい。

 

ただ、今はインターネットのおかげでクラウドソーシングもありますし、稼ぎ口がバイトになることはないでしょう。

 

ちょっと昔までのフリーターといわれていた人たちは、インターネットのおかげで減ってるんじゃない?

 

 

まとめ

会社やめて生きていけるかという答えは、たぶん大丈夫、どうにでもなる。

で、すべては自分の右腕にかかっていると。そのストレス下の状態が幸せなのかが問題でしょう。

 

まずは、最低限の衣食住分を稼ぐこと。会社員の間に2足のわらじで色々試してみたいと思います。

 

それではー