手取り20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

生きる上で身につけるべきスキルは、生活コストを抑える能力

f:id:kochichi:20180711231320j:plain

 

生きていく上で身につけておいた方がいいスキルは、生活コストを抑える能力です。人生の悩み事の大半は、この能力を身につけることでほとんど解決できるようになるといっても過言ではないでしょう。

 

少ないお金で生活できるということは、生きるために労働する時間を減らすことにも繋がり(時間の余裕)、余裕資金もできるので、悩みを解決するためにお金を投入することも可能です。(お金の余裕)

 

 

生活コストを抑える能力はスーパースキル

支出を最低限にできれば、周りより有利に生きれる

大人の悩みの根本は自由がないことが大半かと思います。生きるためにお金がかかると、それを維持するために労働をする必要があります。多少のレバレッジはあれども、かけた時間と収入が比例するひとがほとんどでしょう。

 

しかし、生活に必要な支出が減ると、労働に必要な時間が減り、時間に余裕をもてるようになります。

 

 

ライスワークは誰にでも必要な時間である

そして生活費を稼ぐための時間、ライスワークタイムは誰にでも必要であるということです。仮に月20万円生活にお金がかかるとすると、収入が20万円を超えるまでは、生活を維持するための労働と言えます。

 

わたしたちが呼吸をしないと死んでしまうように、20万円分稼ぐまでは働かないと死んでしまうわけです。(実際はそんなことないけど)

 

しかし月15万円で生活できる人にとっては、5万円分他人より有利になります。5万円分稼ぐことをやめて、時間を得てもいいし、5万円を得てもいい。

 

この余った時間やお金の資源を、自分を幸福にすることに投入することで、人生の幸福度を高めることができます。

 

 

支出を抑えることで、本当にほしいものが分かるようになる

漠然と自分の給料が30万円だから、生活レベルを30万円に合わせると、毎日働くことは生活するためとイコールになってしまいます。

 

そしてまんべんなくお金を使いますから、本当に欲しいものが何なのか、使ってる本人は分かりません。

 

しかし、支出を抑えるとなると、お金は使えません。そんな中からお金を使う先を決めるため、本当に必要なものが見えるようになります。

 

 

まとめ

人生の幸福度を上げたかったら、生活費を最低限に抑える。あまった資源(時間・お金)で幸福を手に入れていく。

 

生活水準が低い人は、どんどん幸福になっていく。

 

頑張ってこのスーパースキルを身につけましょう。

 

またねー