20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

今日1日を頑張ることが自分の理想を作る。人間は今という時間しか生きることができないから、今を頑張ろう。

f:id:kochichi:20180712233156j:plain

 

今日も仕事を終え、ヘトヘトでフラフラな状態だけど、ぼくはブログを書いている。ぼくのブログを読んでくれている人はお分かりかもしれませんが、ここ数週間毎日のようにブログを更新しています。これは単に、ぼくがそういう人間であるからとか、モチベーションが高いからとかいう理由ではありません。今という時間の過ごし方が将来の自分の姿をつくるということに気づいたからです。

 

すでにぼくは20代後半に差し掛かっています。恥ずかしながら、これといった結果も残せていないのが現状です。これは今という時間を、先延ばし先延ばしで無駄に過ごしてきた結果であることに、遅いながらも気づいたわけです。

 

今日はそんなぼくの気づきを、文章にしてみます。

 

 

今を頑張ることが、理想とする自分未来をつくる。

人間は今という時間しか生きることができない。

1年後には独立したいとか、英語を喋れるようになっていたいと誰しも思うことがあるのではないでしょうか。

 

しかし、その想像した未来を、今あなたが過ごせるのかというと、それは物理的に無理です。タイムマシーンでも開発されない限り、人間は今という時間しか生きれません。

 

そもそも人は未来を想像することは好きですが、過ごすことができるのは、この今の時間だけなのです。

 

 

今の自分は、過去の自分の行動の結果である。

1年後にはすごい自分になるぞと思っても、そうはなれないのが大半です。というのはなぜかというと、今何も行動していないから。さきほど言いましたように、わたしたちが生きることができるのは今という時間だけです。この今を繰り返して、自分が想像した未来に近づいていきます。ということは、今何もしていないということは、未来もなにも変わらないということになります。

 

今の自分をよくよく考えてほしい。1年前の自分より成長しているでしょうか。成長を感じられないという人は、1日1日を自分が成長するための時間に使うことができていなかったということです。

 

そして今あなたは、何をしているでしょうか。今日1日自分の理想に近づくためのなにかを、行ったでしょうか。これがNoである場合、1年後のあなたは、今日のあなたより1年ただ老けているだけです。

 

 

将来理想とする自分になるためにやることとは

ここまで読んだ人はわかると思いますが、理想とする自分になるためには、今という時間を理想とする自分になるための活動に充てる必要があります。

 

ぼくはよく、どういう人間になりたいかなど、未来のことを考えます。でも今の自分は数年前の自分と、理想の自分の距離はぜんぜん変わってません。

 

理想の自分になるためには、今という時間が未来の自分をつくるということを知ることがまずは第一歩です。これを理解するだけでも、行動は変わります。行動が変わらないひとは、このことを咀嚼できていないといえます。

 

ぼくは今日も早く寝ないと死ぬかもと思いながらも、今ブログを書いています。それは今日ブログを書かないと、未来の自分が現状維持ということが恐ろしいからです。これを知るだけでも、行動を変えることができています。

 

 

まとめ

理想とする自分は誰しも考えたことはあるでしょう。たとえば年収1000万円で、美人な妻を持っているとか。そうなるためには今、収入をあげるための活動をしたり、出会いの場を広げる行動をしていなければなりません。

 

それができていないということは、何年経っても、今の自分のままです。

 

でも大丈夫、それに気づいたあなたの未来は絶対いい方向に変わっています。

まずは1日30分でもいいので、理想とする自分になる活動を始めてみてはいかがでしょうか。

 

それでは!