20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

生活するのに必要な労働時間を減らせば、自由へ一歩近づく。

f:id:kochichi:20180809142953j:plain

 

皆さんはなんのために家計管理しているのでしょうか。

イケイケの20代男子のぼくが、なぜこんな主婦ライクな家計簿をまめにつけて、ブログを書いているのか。

 

それはお金のこと考えずに、自由に生活したいからです。

お金のことをいちいち気にしては、幸せなわけない。

 

理想はお金のことを気にせず、幸せ生活を送ることなわけです。

 

どうしたらお金をきにせず、不自由ない生活ができるのか。

そのためにはまず、生活コストを下げることが大切です。

 

 

生活コストを減らせば、自由へ近づく

生活コスト削減のメリット

ぼくは、生活に必要なお金を下げることで、

「働く時間を減らせるんじゃないの」

と常々考えています。

 

たとえば、定時に帰りたい人の場合は、基本給だけで生活できれば、労働時間はそれだけで済むということですよね。

 

あとの時間は、残業して本業を頑張ってもいいし、早く帰って家族と過ごしてもいいわけです。

 

生活に必要なコストを下げることで、自由の獲得へ近づけるわけです。

 

 

収入を増やすことの難しさ

収入を増やすということは、サラリーマンをしていては自分でコントロールすることは難しいです。

 

単純に残業すればお金は増えますが、それは時間を売って得ているお金です。

もともとの目的である、自由を得ることからは程遠い考え方です。

 

そのため、時給を増やす必要があります。

 

しかし、サラリーマンではいくら仕事を頑張ったと言えども、昇給は年に月々5000円アップくらいです。

 

そこでまず簡単なのが、生活コストを下げるになるわけです。

 

 

目指すべきは生活コストを本給に収める

ぼくの本給は25万円/月くらいなので、税引き後20万円くらいでしょうか。

このブログのタイトルどおり、手取り20万円で生活することができれば、無駄な残業は不要ということになります。

 

余った時間で好きなことができます。

 

しかし、今の月々の支出は25万円程。

奨学金や年払いの積み立てをなくせば、まあ20万円に収まるかなといったところ。

 

そこで今年・来年の間に奨学金を一括返済できる資金を確保したいと考えています。

今のところあと100万円程です。

 

まずは生活コストを本給でまかなえるようにする、が自由への一歩でしょうか。

 

 

まとめ

本給で生活できるよう、支出削減をいろいろ試してみたいと思います。

そしてその生活を定着できれば、お金を気にせず自由に過ごせるはず。

 

あとは好きなことやって生きて生きたいです。

 

それではー