20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

おすすめの銀行口座。家計管理に作るならどこがいいのか。

f:id:kochichi:20180812141714j:plain

 

こんにちは。

 

あなたは家計管理の口座、どんな口座を使っていますか?

地方銀行やメガバンクという人も、多いのではないでしょうか。

 

引き出しや振込みが多くある家計管理では、

手数料がかかってしまい、もったいないといえます。

 

そこで家計管理用口座は、住信SBIネット銀行をおすすめします。

ぼくもメインバンクとして使っています。

 

今回はこの住信SBIネット銀行について、紹介します。

 

 

家計管理におすすめ、住信SBIネット銀行

f:id:kochichi:20180812075615j:plain

 

おすすめの理由

家計管理には、住信SBIネット銀行をおすすめします。

 

引き出し手数料と振込み手数料が無料にでき、

そして目的別口座をつくることができるからです。 

 

引き出し手数料と振込み手数料の無料回数は、

ランクによって変わります。

 

作るだけでランク1となるのですが、ランク1の無料回数は、

引き出し手数料:2回まで無料

振込み手数料:1回まで無料

です。

 

これだけも十分に使えると思います。

また、引き落としができるATMもコンビニが使えるので便利です。

 

 

24時間無料で引き出しが可能

会社に入ってから、強制的に給与振込み口座を開設されることあると思います。

ぼくもメガバンクを開設させられたのですが、使い勝手悪すぎて苦労しました。

 

引き出し可能時間は21時までだし、手数料は普通にかかるし、

下ろすたび200円くらい取られてました。

 

住信SBIネット銀行は、コンビニで無料で24時間下ろせますので、

これだけでも節約効果を発揮しますね。

 

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートで24時間引き出しができますので、

仕事で平日の昼間拘束されている人でも、問題ありません。

f:id:kochichi:20180812081011p:plain

f:id:kochichi:20180812081051p:plain

 

 

目的別口座が作れる

住信SBIネット銀行では、目的別口座を最大5つ作ることができます。

目的別口座とは、1口座の中に、別に口座を作れるサービスです。

 

パソコンで例えると、口座というフォルダの中に5つフォルダを作れるイメージです。

 

この口座間でのお金のやりとりには、手数料はかかりません。

また24時間スマホからでも操作できます。

 

目的別口座は代表口座とのやりとりしかできず、

引き落としや預け入れ・引き出しなどは代表口座から行います。

 

この目的別口座を使えば、貯金や特別費積み立てを

1つの口座で行うことが可能です。

 

 

給与口座が固定されている人におすすめのサービス

住信SBIネット銀行には、定額自動入金サービスがあります。

 

他口座から住信SBIネット銀行へ、無料で資金を移動できるサービスです。

このサービスで自動で資金移動ができます。

 

そのため、給与振込み口座が会社で指定されている場合は、

この定額入金サービスを使って、お金を移動させてはどうでしょうか。

 

ただ月々給料が変動する人は、自動化はできませんね。

ちょっと面倒かもしれません。

 

先取り貯金のために使うのには、有効かと思います。

 

 

 

 デビットカードもあるよ

住信SBIネット銀行には、Visaデビットカードもあります。

キャッシュカード一体となっているので、1枚で済みます。

 

Visaデビットカードとは使ったときに、

口座から使用金額がその場で引き落としされる仕組みのカードです。

 

クレジットカードのように支払いに遅延がありませんので、

家計管理には使いやすいです。

 

クレジットカードのように、各種引き落とし、

ネットでの買い物ができますので、クレジットカードを使いすぎる人は、

代替してみてはどうでしょうか。

 

 

まとめ

銀行口座は、住信SBI銀行をおすすめします。

引き出し手数料もかからないし、24時間引き落とし可能というのは心強いです。

 

急にお金が必要になったときにも、対応できるようになります。

またコンビニで引き出しができるので、全国どこでも対応可能です。

さらに、Visaデビットカードであれば、海外でも引き出しできます。

 

他にも便利なネットバンクはまだありますので、また紹介したいと思います。

 

それでは。