20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

3人家族 夏休みのレジャー費を節約する方法

f:id:kochichi:20180814213116j:plain

 

せっかくの夏休み、思いっきり遊びたいですよね。

ただ不安なのがそれに伴う出費ではないでしょうか。

 

そこで今回は、3人家庭のぼくが実践しているレジャー費を節約する方法を紹介します。満足度は変わらず、出費が削減できますので、参考にしてください。

 

 

レジャー費を節約する方法

レジャーの目的はなにか

まずはレジャーに行く目的をかんがえましょう。目的をしっかり考えることで無駄な支出を省くことができます。

 

具体的なレジャーの目的は何なのか。

 

たとえばやりたいことが、海にいくことだとすれば、海に行って泳ぎたいのか、それとも海に行ってカキ氷が食べたいのか、ただ海を見たいのか、などです。

 

子どもであれば、海で泳ぐこと、砂浜で遊ぶことが目的ではないでしょうか。

 

 

レジャー費を節約する方法

レジャー費を節約するためには、さきほど考えた目的を達成するのに、不要であることを徹底的に省いていきます。

 

というのも、目的以外のところを削っても、満足感は変わりません。

 

先ほどの海に行く例で、「海で泳ぐこと」が目的だとすると、それを快適にする浮き輪や水着などに出費しても、無駄遣いしたとは思わないはずです。

 

でも露店で買った500円のたこ焼きややきそばには、もったいないと思います。これは求めているものに合っていないからです。

 

 

レジャー費節約の具体例

弁当・水筒を持参すること

よくあるのが、とりあえず行ってお腹がすいたからそこにあるものを買うということです。売っているものは割高ですし、ぼくはあまり好きじゃないです。そのため、お昼に遊ぶ予定であれば、弁当を持参します。売っているものより安くできますし、美味しいです。水筒も必須です。

 

ただ、そこに売ってあるものを食べたいということが目的であれば、買っても不要な出費だったとは思わないでしょう。

 

定番のプランを真似しない

夏のレジャーの定番といえば、キャンプでしょうか。これも目的を明確しておくべきです。キャンプがしたいのか、バーベキューがしたいのか、海で遊びたいのか。

 

全部やりたいことであれば、キャンプフルコースを楽しんでいいと思います。ぼくの場合、バーベキュー、海で遊ぶは賛成ですが、1泊は求めてません。

 

そのため、バーベキューの日、海に遊びにいく日を2日に分けました。

 

キャンプに行くということにして、フルコースをやっていては、お金が思ったよりかかるというのは当然です。

 

 

まとめ

レジャー費を節約するには、

・レジャーの目的を明確にする。

・目的以外のことは取捨選択する。

・他人のフルコースを真似して全部やらない。

 

是非お試しください。