20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

20代のモテる財布の中身と作り方を紹介する。

f:id:kochichi:20180823232608j:plain

 

こんばんは。

 

今日は誰しもが持っているであろう、財布について書きたいと思います。あなたはどんな財布を使っていますか?

 

人のお金について、誰しも関心があるかと思います。雑誌やコラムの金持ちの財布企画が人気なのも、皆気になるからでしょう。そして人の財布は、簡単に覗き見ることができます。

 

財布を見れば、その人の属性や価値観が分かります。今日の記事は、これを逆手にとって、モテる(他人ウケのいい)財布を使おうという浅はかな企画です。

 

 

20代のモテる財布と、その中身とは

モテる財布とはどんな財布か

まず人の財布を見て、どんな財布がかっこいいと思うか。それはやはり大人らしさが感じられる財布でしょう。

 

財布を見て、おしゃれであり、お金を持っていて、しっかり管理されていることが確認できれば、経済力を感じることができます。

 

逆に、ボロボロで、お金がなく、レシートでパンパンの財布であれば、大人としてしっかりしていないなと思わざるを得ません。

 

そして財布について、大人らしさを主張するために、カジュアルさ0%、ドレス感100%を目指すべきです。

 

 

財布はどんな財布がいいか。

20代おすすめの財布は、ハイブランドです。お金を入れるだけというコスパとしては大変高いですが、まあ言っても10万円以内。社会人であれば、買えるお値段です。

 

ディオール、ヴィトン、グッチ、ブルガリなど。

 

というのも3万~5万くらいのセレクトショップなどにある財布という手もあるんですが(現在ぼくの財布はここらへんのやつ)、やっぱハイブランドの方がいい財布です。作りもしっかりしてるし、素人目でも高いというのは分かります。また選ぶのも当たり外れが少ないです。

 

以前使っていた財布はハイブランドのものでしたが、やはり嫌なところがなかったです。

 

これが高級嗜好過ぎるかというと、決してそんなことはなく、他人が使っていても稼いでるんだろうなとかー、マネーリテラシー高いなー、と思うくらいのもんです。

 

ポイントは、ブランドを主張しすぎない財布を選ぶことです。あからさまな成金には引いてしまうものです。

 

 

財布の形は長財布

これは金持ちの財布が長財布とかいうものの影響ではなく、ちゃんとした理由があります。それは紙幣をピン札でキープできるからです。

 

最初に財布は大人らしさを主張するために、ドレス感100%を目指しましょうと言いました。紙幣を折り曲げることで、シワができてしまいカジュアルさが出てしまいます。

 

シワのある紙幣が並んでいる財布と、ピン札が並んでいる財布、どっちが清潔感があるでしょうか。

 

 

財布にいれておく現金はいくらか。

財布には3万~10万円をピン札で入れておきましょう。3万円もあれば、予測しないトラブルがあったとしても、たいていのことは対応できるでしょう。

 

大人として、急な出費があったときに払えないというのはかっこ悪いです。そのため余裕をもって3万円ほど、財布にはいれておきましょう。

 

ここでポイントはピン札で準備しておくこと。ピン札の方がシワがなく、財布のドレス感が増します。

 

 

カード類は最小限に。

見えるところに入れる、カード類は最小限の枚数にしましょう。個人的には4枚くらいがいいかと思います。クレジットカード4枚でもいいですし、キャッシュカード2枚、クレジットカード2枚でもいいでしょう。

 

多すぎると、財布に装飾感がでてしまい、ダラしない印象になります。

 

他に免許証があれば十分かと思います。免許証などは、財布の見えないポケットにいれるようにしておきましょう。

 

基本的にポイントカードは持ちません。というのも生活感が出るからです。おすすめはスマホアプリで管理することです。これであればカードを持ち歩く必要はなくなります。

 

 

おすすめのクレジットカードは

おすすめのクレジットカードは、ゴールドカードです。やはりステータス感がありますし、持っているだけでちゃんとした大人という印象を与えることができます。

 

年会費が安いゴールドであれば、三井住友VISAがいいかと思います。カードのデザインもおしゃれです。あとはAMEXだったり、JCBのプロバーカードとかでしょうか。

 

あと1枚はゴールドと別ブランドで合わせるか、ゴールドカードに足りないサービスを補うカードを選ぶといいでしょう。

 

NGなのが、楽天カードやAmazonカード、イオンカードなどです。ぼくは大好きですが、モテるということを考えるとあまりウケはよくないです。やはり生活感を感じるからでしょう。

 

 

定期的に財布のメンテナンスをする。

レシートを貯めていたり、小銭をジャラジャラ入れていると、ダラしない印象になってしまいます。また小銭が多いと財布が傷みやすいです。

 

定期的に(週1回)でも財布を整理するようにしましょう。

 

あとそのついでに、クロスで拭くようにしましょう。財布が古くなり、シワなどができてくると、カジュアルな印象になってしまいます。財布はキレイに使うことを心がけるべきです。

 

 

まとめ

あくまでモテを意識した財布づくりについて書きました。

・モテる財布は、主張しない大人らしい財布

・ハイブランドの長財布であればセンス不要

・財布には3万円~10万円をピン札で入れておく

・見せるカード類は4枚

・クレジットカードは生活感がないものを

・定期的にメンテナンスしよう

 

マネーリテラシー高い人には、これだけでは見透かされてしまいます。

 

しかし、自分の経済基盤をこれから作ろうという20代は、財布をつくることからはじめるといいと思います。それから強固な家計を作っていきましょう。

 

ご参考ください。