20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

子供の大学の学費はいくら貯めるべきか。ついつい貯め過ぎるのをどうにかしたい。

 

f:id:kochichi:20180904230547j:plain

 

こんばんは。

 

今日は子供の学費について、いくら貯めるべきなのかということを考えました。子どもの学費のことになると、なかなか冷静な判断ができませんよね。

 

できれば奨学金を借りさせずに、大学まで行かせたいというのが一般的な考えかと思います。でも大学の費用って鬼高いですからね。

 

じゃあいくら貯めようかな、というのが今日のテーマです。

 

 

子どもの学費をいくら貯めるか

1番お金がかかる時期である大学はいくらかかるか

私大理系の大学に行くと、4年間の学費だけで570万程かかります。関東圏で1人暮らしとなると、生活するのに月10万円はかかるでしょう。

 

すると、4年間で950万円になります。これが学費は1000万貯めようの根拠ですね。

 

国立大4年間で、240万。院まで行くと、370万ほど掛かります。仕送り月10万円であれば、1090万円。これでも、1000万円になります。

 

 

いくら準備するかを決めること

稼げるお金も有限ですから、無限には準備できません。さらに子供が大学に行くまでに1000万円貯めるというのも、かなりの負担です。

 

子供が増えれば負担も倍になります。子ども2人の大学期間中の学費だけで、2000万円とは、どう考えてもアンバランスです。

 

教育ローンを借りる、というのが現実的かもしれません。

 

実際にも、ぼくが学生のときは、さすがに親に全額は払ってもらってません。仕送りはなくて、家賃だけ払ってもらってましたね。あとは全部奨学金とバイトで賄ってました。

 

周りもほとんど奨学金借りてましたし、奨学金借りてないほうが珍しかったように思います。(ぼくの周りがそんなんばっかだったのかもしれませんが)

 

 

現実的な貯金額を考えよう

子ども手当てを貯めていれば、200万円は自動で溜まります。

 

奨学金+バイトで月10万得ることはできるでしょう。大学って結構時間ありますからね。これで生活をすることはできます。

 

あとは足りない学費を準備しておけばいいかと思います。私立理系でも570万円。370万円あれば大学に行くことはできます。(国立大学院でも大丈夫ですね。)

 

370万円を18年間で貯めるとして、年21万円。これだけ貯めておけば、大学に行くことは問題ないでしょう。

 

 

貯め過ぎることの弊害

日本の会社は年功序列なので、20代の生活はしんどいです。さらに住居、学費、老後の貯金なんてしてたら、1円も残んないですわ。

 

そんなことで本来やりたいことを見失うのは本末転倒かと思います。

 

そのため、貯金については現実的な金額を、必要最低限で見積もることが大切かと思います。この現実的な金額を見定めることが、難しいと最近は思います。

 

今回紹介した学費も、実はちょっと多いかなと個人的に思ってます。どう残しつつ使うかの戦略をこれから考えていきたいですね。

 

 

まとめ

・子どもの大学費用は最悪のケースで1000万円ほどかかる

・現実的にはそこまで準備するのは難しい

・370万円貯めれば、最悪のケースでも大学に行くことは可能

・必要最低限の見積もりを算出して、準備することが大切

 

ご参考ください。それではー