20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

自分にとって価値のあるお金の使い方について考える。

f:id:kochichi:20180906221435j:plain

 

「ミニマムライフコストを知る」ということで、最近は無駄を省いています。

 

お金を使わないということは、難しいことだと思います。簡単であれば、皆こんなにお金に困ってませんからね。

 

そして努力の上、お金を使わないことを体得したあと、気づきます。

 

お金を使うということは、もっと難しい。支出を減らすには、「使わない」ということをし続ければいいので、結構単純です。

 

しかし、お金を使うときには、なにが無駄で、なにが無駄じゃないのか「判断」しないといけません。これが難しいと思います。

 

今日は自分にとって価値のあるお金の使い方について考えてみます。

 

 

自分にとって価値のあるお金の使い方について考える

「欲しい」以外は全部いらない

先週末のことです。月末にもかかわらず、ぼくのサイフはホットでした。あまり使ってなかったからですね。

 

「なにに使おうかな」と色々考えました。そう考えている時点で、お金は使うべきではないでしょう。

 

これでは、目的がお金を使うことになっています。

 

お金は価値の交換手段で、目的ではありません。

 

自分が欲しいものがあって、それを手に入れるための手段のひとつに、お金があるわけです。

 

欲しいもの以外は、いらない。それが今のぼくの考え方です。

 

 

周りが欲しいものを買わない

友達の旅行に行った話や、ネットから流れてくる外食の情報。

 

そんな身近な話から、新車、住宅、保険などの一般的に当たり前とされているもの。

 

周りから得た情報で、欲しくなるもの。

 

これらはいらない。というのもこれを欲しがっているのは他人であって、自分じゃないからです。

 

友人が家を買ったから家が欲しくなるとか、車をかったからウチもという考え方のことです。

 

それを得るまでの背景は人それぞれ違いますから、結果だけを真似ても自分にとって価値があるかどうかは分かりません。

 

欲しいものは、自分の経験や考えから生まれるものです。

 

 

今使いたいことは本

そしてぼくが今欲しいものは本です。図書館で借りて読んでるんですが、手元に置いておきたい本というのがやっぱりありまして、それが欲しいですね。

 

図書館になかったり、新書で順番待ちになっているものもあるので、そういった本を買いたい。

 

あとは時間と、ストレスのない毎日が欲しいですね。今はそんな感じです。

 

 

小遣いのシステムでは脳停止する。

お小遣いのシステムなんですけど、月定額もらうことで、それを全額何に使うかって考えますよね。

 

これって最初に書いたことと同じように、目的がお小遣いを使うことになっています。

 

本来はやりたいことを考えるんだと思いますが、これではお金を何に使うかという思考になります。

 

給料も同じだと思っていて、みんな与えられた給料全額を、どう使うかって考えてると思うんですよ。

 

給料の範囲で、1番いいものを買い揃える。それが価値のある使い方だと思っている。

 

やりたいことを実現するのが、価値のある使い方だと思います。

 

 

まとめ

・欲しい以外は全部いらない。

・欲しいものは自分の経験と考えから生まれる。

・ぼくが今欲しいものは本です。

・やりたいことを実現する。それが価値のある使い方では。

 

 

支出を絞り過ぎて、使うことが億劫になっている人は参考ください。

 

それではー