20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

家族が増えたら家計を考えよう。僕が家計で取り組んだこと3つ

f:id:kochichi:20180911233005j:plain

 

ぼくも気づけばアラサーとなりました。

 

アラサーで、結婚をして、子供を持つという人は多いのではないでしょうか。

 

最近はぼくの周りでも、よく結婚したということを耳にします。

 

子供をもったときに不安になるのが、今後の家計のことです。

 

ぼくは子供を持ってから、家計について不安を感じるようになりました。

 

保険や学費、今まで経験したことのないことが必要になるためです。

 

今日は子供ができたときに考えるべき家計のことについて、紹介したいと思います。

 

 

家族が増えたら家計を考えよう。

まずは家計簿を付けてみる

家族が増えると、月々の収入も支出も変わってきます。

 

奥さんも今までどおりの収入とはいかないでしょうし、

誰しも少なからず家計に影響があります。

 

そこでまずは現状を把握するためにも、家計簿をつけることをおすすめします。

 

3人家族になってからの支出を把握することで、

使えるお金の感覚や、やりくりを身に付けましょう。

 

独身時代の感覚で過ごしていては、赤字を増やすことにもなりかねません。

 

まずは身の丈にあった金銭感覚を身に付けるためにも、家計簿をつけることを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

保険について見直す

次にぼくが取り組んだのは、保険です。

 

独身時代であれば最悪保険はいらなかったのですが、養う家族を持つとそうはいきません。

 

特に自分の収入割合が大きい場合、もしものことがあったとき、家族が路頭に迷うことになってしまいます。

 

自分がケガをしたり、いなくなったときでも生活していける金額を考えて、必要な保険を検討しましょう。

 

 

ライフプランを考える

そして1度は作っておきたいのが、ライフプラン表です。

 

各年齢で必要な支出について予想して、必要な貯金や、今使えるお金について計画します。

 

1度ライフプランを見える化することで、身の丈にあった支出も分かりますし、どの時期にお金がかかるかということも見通すことができます。

 

これをしておくことで漠然とした不安もなくなり、改善すべきポイントも分かるようになります。

 

 

まとめ

ぼくが家族が増えてから、取り組んだことは次の3つです。

・家計簿をつける。

・保険を見直す。

・ライフプランをつくる。

 

この3つを行うことで、漠然とした将来の不安から開放されます。

 

まずは1つでもいいので、取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

それではー。