20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

限られた収入では節約は必須。節約が簡単に続く方法とは。

f:id:kochichi:20180912220526j:plain

 

限られた収入で生活をしていくには、それなりの節約が必要になります。

 

何も考えずに使っていては、すぐに予算オーバーすることは間違いないです。

 

具体的に予算の範囲内で生活をするためにはどうしたらいいのか。

 

それは「時間と体力の余裕」を作ることです。

 

なんで時間と体力の余裕があると、節約できるのでしょうか。

 

 

節約が簡単に続く方法

疲れているとお金をつかってしまう

お金をついつい浪費してしまうときは、どういったときですか?

 

ぼくの場合は疲れているときが圧倒的に多いです。

 

ストレスが溜まっており、なにかで発散しないとしんどい。

 

そんなときついつい無駄なものを買ってしまったり、無駄なことにお金を使ってしまいます。

 

疲れを取るために栄養ドリンクを買ったり、お菓子で糖分補給をしてしまう。

 

本来人間は、きちんとした栄養と休息が取れればきちんと体力を回復できます。

 

体力が回復しきれていないときに、それをお金でカバーしてしまうんです。

 

また頭も疲れていますから、判断も鈍ってしまいます。

 

「まあ、いっか」と目の前の辛さに負けて、お金を浪費してしまうわけです。

 

 

時間がないと、余計な出費ができる

また、時間がないと、余計にお金を使ってしまうことにつながります。

 

特に朝です。

 

朝寝坊してしまって、朝食を食べる時間がない。

 

仕方ないから、コンビニで買っていく、なんてことになります。

 

ぼくもたまにやります。

 

朝ごはんで済めばまだマシですが、寝坊したからタクシーを使うとかは最悪です。

 

時間がないことで、本来いらなかった支出が発生します。

 

 

節約を続けるためには

冒頭にも書きましたように、節約を続けるためには「時間と体力に余裕をもつ」ということが大切です。

 

「時間と体力に余裕を持てないから、お金を使ってるんでしょ!」

 

と、思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

そういう人におすすめなのが、「早寝」です。

 

一番いいのは働く時間を減らすことだと思いますが、皆がそう簡単には減らせないでしょう。

 

そこで早寝であれば、自分のコントロールできる範囲で実践できます。

 

いつもより早く寝て、睡眠時間を増やすこと。

 

ぼくは1日7時間くらいは寝てます。最低でも6時間。

 

8時間が一番いいと思うんですが、なかなか時間が取れないのが現状です。

 

一番浪費が少ない時期は8時間睡眠でした。

 

時間と体力の余裕を作って、節約を続けましょう。

 

 

まとめ

・節約を続けるには「時間と体力の余裕」が必要。

・お金を浪費する原因は余裕がないことにある。

・まずできる対策が「早寝」。

 

ご参考ください。

 

それでは!!