20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

家庭や子供を持っても、お金に困らない生き方。

f:id:kochichi:20180913221351j:plain

 

家庭や子供を持つと、生涯で必要なお金は独身の頃より多くなります。

 

そんな負担の重さから、しんどさを感じることもあります。

 

子供の学費や、老後の資金に漠然と不安を抱え、日々悩んでいる人も居るでしょう。

 

どうやったらお金に困らずに生活できるのか。

 

そのためには、地に足をつけて、コツコツ頑張ることです。

 

 

お金に困らない生き方とは

地に足をつけた生き方をする。

毎月必要な支出に対して、収入がギリギリの状態だと、考えることが多くなり疲れてしまいます。

 

毎月のやりくりで疲弊するくらいならまだいいです。

 

さらに子供の将来にかかるお金や、老後のことを心配して疲弊しているようでは、毎日は楽しいものではないでしょう。

 

そういった状態からなんとか脱出しようと、投資をやってみたり、残業を増やしてみたりしたことはありませんか?

 

これでは結局考えることが増えるし、自分の時間も失ってしまいます。

 

そこで提案するのは、地に足をつけた活動をしていこうということです。

 

 

地に足をつけた活動とは

まずは確実性のある現状の改善をすることからはじめていきましょう。

 

投資や副業といったことは魅力的かもしれませんが、すぐに効果がでるといったものでもありません。

 

楽になるために、まず自分ができる範囲で、現状を改善してはいかがでしょうか。

 

生活コストを下げて、収入の範囲で生活できるようにする。

 

それが維持できるように、日々お金の管理をする。

 

さらに本給で収支をプラスにすることができるようになれば、無駄な残業に付き合う必要もなくなります。

 

もし会社の業績が悪くなり、残業カットされたとしても不安になることはありません。

 

余裕ができてきたら、将来かかるお金についても貯金を始めていきましょう。

 

あらかじめ必要なお金を予測しておき、そこから使うようにすることで、「貯金が減る」ということもなくなります。

 

宝くじに当たる、仮想通貨で大儲けするとかに比べると、かなり地味な一歩ですが、生活基盤が整うだけでも、お金に対する不安は減るのではないでしょうか。

 

 

コツコツと毎日頑張る

生活に必要なお金を、コツコツ毎日働いて稼ぐ。

 

休みの日は家族との時間を過ごして、平日はコツコツ頑張る。

 

自分の収入に合った生活を続けることで、楽しみもそれなりですが、お金に困ることもありません。

 

お金に困らないためには、こんな地味な活動をコツコツ続けていくことが大切なんじゃないかと思いました。

 

いくら会社に自分の時間を投入しても、収入がいきなり爆発的に上がるということもありませんし、投資を始めたからといって、利益が爆発的に上がるということも現実的ではありません。

 

まずはお金の不安をなくすために、生活基盤を整える。

 

その上で余力を使って、副業や投資をやっていく。

 

地味かもしれませんが、焦らず少しづつ地に足をつけて頑張ることが、お金に困らない生き方への近道だと思います。

 

 

まとめ

・地に足をつけた活動をしていこう。

・まずは現状を自分の出来る範囲で改善しよう。

・小さな一歩をコツコツ積み重ねていこう。

 

それでは。