20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

夫や妻のお金をどうコントロールすべきか。配偶者の協力がないと、お金じゃなくてストレスが溜まるという話。

f:id:kochichi:20181018223729j:plain

 

こんばんは、Icchiyです。

 

ちょっと自己紹介。

 

アラサー子持ちの3人家族で、日々家計のことを考え続けること4年の、ただの浪費家でございます。

 

今日は夫や妻が使うお金を、どうコントロールしようか、という話。

 

家計に協力的じゃない夫を持つという話はよく聞きます。

 

家計がうまく回っていないのに、協力してくれない。

 

まあ大変そうだなーと思って聞いております。

 

たぶん少数派の、ぼくのように夫が家計を管理している場合、妻のお金はどうされていますでしょうか。

 

結論としては、まずは自分でコントロールできる範囲で節約する。

 

そして目標の貯金額の到達していれば、夫や妻のお金については触れなくてもいいんじゃないかと思います。

 

しかし、目標の貯蓄額に到達できない場合、心を鬼にして家計の黒字を優先すべし。

 

今日はそんな話をつらつらと書きます。

 

 

夫や妻のお金をどうコントロールすべきか。

ぼくのコントロールの範囲では、貯金できないことについに気づいた。

我が家の場合は、ぼくが家計の管理をしていて、妻に生活費を給料日に渡すスタイルです。

 

妻は専業主婦ですが、ポイ活や在宅ワークで実は割りと収入はあるっぽいです。

 

ぼくと同様、働きたくないタイプの人ではあります。

 

渡している金額は、月5万3000円ほど。

 

内容としては、食費、日用品、小遣い、美容費、衣服費です。

 

それ以外のお金はぼく(家計)が払っています。

 

 

お金の話は価値観が合わないと、揉める。

きっとぼくのブログを読んでいる人は、それなりにお金に興味関心があるのかなーと思います。

 

その人の相棒も、同じ感覚であることってなかなかないんじゃないでしょうか。

 

というのも、家計管理をうまく回すには、持ち家はいらない、保険は入らない、投資する、外食・飲み会は敵といった選択や集中が必要になります。

 

ある程度貯金している人にとっては、共通項目かもしれませんが、世間一般的には少数派なんじゃなかろうか。

 

そこで、家や新車は買わない、なんて言うと皆買っているのになんでウチだけ、と思うかもしれません。

 

安月給の旦那と結婚したと思い、毎晩枕を濡らしているかもしれません。

 

家計管理を始める4年前のぼくだったらそんな感じに考えますな。

 

世間一般の価値観で過ごしている、相棒にそういう話を押し付けると、恐らく揉めますし、不安を抱くもんかと思います。

 

だからそういった家計の活動はあまり押し付けず、自分のコントロール範囲でまずはやってみたほうがいいかと。

 

 

あれこれやってみて、必要な貯金が捻出できないとき協力を求めよう。

自分がコントロールできる範囲でがんばってみて、それで必要な貯金ができないときに、相棒に頼ることをはじめましょう。

 

そこまでやっていれば、必要な貯金額も計算していて、家計簿もつけているはずなので説明することもできるでしょう。

 

そこで、残りいくら足りないから、協力してくれと切り出すと、協力してくれるのではないでしょうか。

 

ただ相手が夫の場合は、難しいかもしれませんね。

 

男はね、結構アホですから。(自戒)

 

そんなときは、心を鬼にして、家計を優先しましょう。

 

小遣いを最低限見積もって渡すだったり、渡さないだったり。

 

ただこれをやっていいのは、自分に収入がある場合かと思います。

 

共働きだったり、パートで働いていたり。

 

自分にコントロールできる範囲で頑張っても、という前提があったように、まずは自分が収入を得られないかを考えるべきです。

 

子育て中はなかなか難しいとは思いますので、そんなときはOK。

 

破産することだけは避けなければいけません。

 

 

そしてぼくの話に戻る。

なんでこんな話を書いているかといいますと、ぼくの収入では生活が成り立たなくなってきたからですね。

 

本給手取りで20万円ほどなんですが、生活するためにはちょっと足りません。

 

純粋な生活費は20万円強で、それに奨学金や学資保険の積み立てで、月25万円くらいですかね。

 

それで、いろいろ試行錯誤しましたが、もう削るとこが自分では分からない。

 

狙っているのは、妻の衣服費と美容費ですな。

 

これがぼくがメンズなんで、よくいくら掛かるのか分からないんですよね。

 

8000円/月くらいかなーということで見積もってます。

 

小遣い渡してるし、それでうまいことやってくれんかなという思いです。

 

というのも彼女、収入を得る手段を持ってますからね。

 

 

まとめ

・まずは自分のコントロールできる範囲でがんばってみる。

 固定費の見直しや、無駄な支出を減らす。

・自分の価値観を押し付けない。揉めます。

・それでもダメば場合は協力をお願いする。聞いてくれない場合は心を鬼にして、家計を優先すること。

 

家計がうまく回った姿を皆さんにおみせしたいというモチベーションです。

 

頑張りましょう。それではー。