20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

貯金がなぜ貯まらないのか。貯金100万円を実現して、気づいた理由。

f:id:kochichi:20181103154848j:plain

 

貯金うまく貯まっていますでしょうか。

 

私はというと、今年は120万円ほど貯金ができそうです。

 

こんなにちゃんと貯金できたのは、人生初と言ってもいいでしょう。

 

この記事を読んでいるということは、貯金がうまくいってないのかもしれませんね。

 

貯金できていない原因は、おそらくお金の流れを見える化できていないからです。

 

貯金するためには、お金の流れを見える化することが必要です。

 

むしろこれをせずにお金を貯めることは難しいと思います。

 

 

貯金がなぜ貯まらないのか。

お金の見える化ができていない

今月いくらの収入があって、何にいくら使ったのか分かりますか?

 

貯金が増えていないのであれば、恐らくきちんと分かってないのではないでしょうか。

 

私は前よりも貯金できるようになっています。

 

そこで気づいたのは、お金の流れがはっきり見えれば見えるほど、貯まるようになるということです。

 

 

お金が貯まらない人のパターン

貯金がどのようにして崩れていくのか紹介したいと思います。

 

・月々の生活費が月の収入をオーバーして貯金を切り崩す。

・旅行や家具家電などの大型出費のために、貯金を使う。

・保険やNHKなどの年払いを、先に払うために貯金を使う。

 

といったところでしょうか。

 

これは全て私が経験した貯金の取り崩しになります。

 

貯金を切り崩すということは分かるのですが、お金が整理されていないため、いくら減っているのかがよく分からない。

 

お金が見えないので、まあ大丈夫だろうと使ってしまう。

 

お金が見える化できていないと、抑止力が働かないので、使ってしまうことになります。

 

 

お金を貯めるためにやるべきことは、見える化をする。

お金を整理して、見えるようにしましょう。

 

まずは家計簿をつけることです。

 

いくらお金が入ってきて、いくら使ったのか漏れなく把握することです。

 

まずは1ヶ月付けてみましょう。

 

家計簿付けるのってかなり難しくて、できるだけ簡略化するために、袋分けだったり、口座を分けをしていますよね。

 

最初はうまくいきませんので、完璧を目指さずとりあえず付けてみることですね。

 

それを続けて、漏れなく把握できて、一目でお金の流れが見えるような仕組みができたとき、貯金はできるようになっています。

 

これは私がそうでした。

 

どのレベルで見える化できればいいのかというと、

 

これだけ見える化できれば、貯まる

・月の支出が項目ごとに分け、それぞれいくら使っているか分かる。

・毎月貯金の残高が把握できる。

 

最低でもこれができていれば、貯まるようになります。

 

 

まとめ

・貯金ができないのは、お金の見える化ができていないから。

・お金の流れが見えないと、使っていいか/ダメかが分からず使う。

・見えれば見えるほどお金は貯まるようになる。

 

ご参考ください。

 

それではー。