20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

外食・レジャーをやめれば、ぐっと家計が楽になる。

f:id:kochichi:20181104115103j:plain

 

皆さん外食・レジャーにお金をいくらくらい使ってますか。

 

家計がうまくいっていなかった頃といえば、外食・レジャーに散財していました。

 

毎週どこかしらに出かけていて、結構使ってしまいます。

 

そしてお金が貯まるようになった今はと言いますと、外食・レジャーはあまりしていません。

 

外食・レジャーをやめると、お金は貯まりやすくなりますよ。

 

ついつい増えがちな、外食・レジャーの考え方について書きます。

 

 

外食・レジャーをやめればぐっとお金が貯まる

予算を決めよう。

外食・レジャーをやめればお金が貯まるというのは当たり前です。

 

ただそれでは人生に色気がない、生きてる意味がないと思う人もいることでしょう。

 

そこでおすすめするのは、予算を決めるということ。

 

外食・レジャー用に財布を作って、そこから使うようにしてもいいですし、各々の小遣いから捻出するようにしてもいいでしょう。

 

予算を決めて、その範囲内に収まるようにできればOKです。

 

予算の決め方は、月々の生活費の中で、無理のない割合で決めましょう。

 

 

外食・レジャーをしないと幸せじゃないのか。

外食・レジャーの頻度が下がった我が家ですが、不幸になったかというと、そんなことはないです。

 

お金を使えば使うだけ、充実感はふえるかと思うものですが、お金を使うこととと幸せかどうかは関係ないです。

 

むしろ毎月家計が赤字になっているということの方が、よっぽど精神的によくない。

 

外食・レジャーの頻度は少なくても、お金に不安なく生活できた方が、私は幸福度が高いです。

 

本日も出かけずに家でダラダラしてますが、充実感あります。

 

 

パフォーマンスの高い、レジャー・外食の選び方。

せっかくレジャー・外食をするなら、なんとなくで選ぶともったいないです。

 

お金を無駄にしないためにも、私は2つの基準で選んでいます。

 

・経験したことがないこと

・自分が本当にやりたいこと

 

です。この基準を満たしていれば、後悔することもほとんどないです。

 

自分の世界を広げるためにも、経験したことがないことを主に選ぶようにしてます。

 

ただそんなに頑なではなく、どうしてもマック食べたければ、食べます。

 

 

まとめ

・外食・レジャー費をきちんと管理しよう。

・外食・レジャーをしなくても、不幸ということではない。

・自分なりの基準を持って、やることを決めよう。

 

ご参考ください。

 

それではー