20万円の家計簿

3人家族 20代(男) サラリーマンが家計について考えるブログ

買い物でクレジットカードを使わなければ、家計管理は楽になる。貯金できていない人はクレジットカードをやめよう。

f:id:kochichi:20181215152300j:plain

 Icchiy(@kochichi001)です。

 

あなたは買い物でクレジットカードを使っていますか?

 

安定して貯金ができていないのであれば、クレジットカードを使うことをおすすめしません。

 

なぜなら、

・いくら使っているのか、分かりづらい。

・簡単に使えてしまう。

 

この2つの理由から、支出が増えてしまうからです。

 

この記事では、クレジットカードを使わないほうがなぜお金が貯まるのか、ということを説明します。

 

また、おすすめのクレジットカードの使い方として、固定費(引き落としがあるもの)に使うことをおすすめします。

 

 

 

クレジットカードは使わない。

今安定して貯金ができていない人は、買い物でクレジットカードを使うのをやめましょう。

 

わたしもすべての支出をクレジットカード決済にして、ポイントを貯めていたことがあります。

 

ただ、そのおかげで生活が充実したり、貯金が増えたかというと、全くそんなことはありませんでした。

 

むしろクレジットカード決済を最低限の固定費だけにした今のほうが貯金は多いし、生活も充実しています。

 

  

家計の把握が難しくなる

クレジットカードを使うデメリットは、家計管理が複雑になることです。

 

クレジットカードは支払いが1ヶ月先になります。引き落としのときには何に使ったかなんて覚えてません。

 

使っている間も、今いくら使っているのかというのは正確には分かりません。

 

さらに使ってすぐにクレジットカードの明細に反映されるわけではなく、何日かの遅れがあります。

 

クレジットカード会社によっては、平気で1週間後に明細反映なんてところもあります。

 

そんなことから、支出を正確に把握するためには、別途家計簿を細かくつけなければなりません。

 

こんな状態ですから、いまいくら使っていて、あといくら使えるか、ということが分かりづらくになります。

 

この曖昧な状態では、「使ったらダメだ」という抑止力が働かなくなるため、結果として無駄遣いが増えます。

 

また支出をコントロールするために、「今いくら使ったんだろう、あといくら使えるんだろう」「今月の支払いはいくらだろうか」と常に考えなければなりません。

 

 

お金のことなんて、気にならないというのが1番いいんです。

 

本来お金の心配をしないために、賢くクレジットカードを使うはずが、常にお金のことを気にするようになってしまいます。

 

脳は常にマルチタスク状態。

 

そのせいで「お金を使っていい/よくない」の判断が鈍って、結果、無駄遣いをしてしまうのです。

 

 

使いやすさは浪費を促す

家計において、お金の使いやすさは「悪」になりえます。

 

クレジットカードは、場所や金額によって署名なしでも使える、便利な決済手段です。

 

さらに、財布や口座にお金がなくても、使うことができます

 

残りいくら使えるのかが分からず、感覚で使ってしまうと、すぐに予算をオーバーしてししまいますよね。

 

その結果、貯金を切り崩して使いすぎた分を補填するということになりかねません。

 

これはクレジットカードを使っていた時期の自分の話です。

 

ズボラな人には、考えなくても使いすぎない仕組みを作るほうが間違いないんです。

 

 

おすすめのクレジットカードの使い方

そんなことを言っても、クレジットカードのポイントを貯めて、お徳に使ってみたいという人もいるでしょう。

 

そこでおすすめするのは、

①固定費の決済にクレジットカードを使う。

②クレジットカード引き落とし(支払い用口座)口座は、メイン口座と分ける。

ということ。

 

 

クレジットカードは固定費の支払いに使う

固定費の決済であれば、使いすぎるということはありません。

 

水道光熱費/通信費/保険料などの固定費は、クレジットカード払いにしてポイントを貯めましょう。

 

さらに引き落とし専用に口座を分けてしまえば、クレジットカードで1ヶ月遅れて引き落としされることも問題ありません。

 

給料が入ったら、引き落としされるであろう金額を、引き落とし専用口座に移しておきましょう。

 

 

おすすめのクレジットカードは、楽天カード

わたしがおすすめする、家計管理に便利なクレジットカードは、楽天カードです。

 

年会費が無料で、1%のポイントキャッシュバック、そしてカードの明細への反映が早いためです。

 

デメリットとしては、外で買い物するのに、生活感が感じられて恥ずかしかったりします。

 

固定費の決済用であれば外で使うことはないので、問題ないでしょう。

 

 

まとめ

・クレジットカードで家計が複雑になると、使っていい/ダメの判断が鈍り、支出が増える。

・持っているお金より使えるため、使っていい金額を超えてしまう。

・クレジットカードを使いたい人は、固定費の支払いに使おう。

・家計管理におすすめのクレジットカードは、明細反映が早いもの。

 

以上、ご参考ください。